優しい男 モテない 理由

優しい男なのにモテない理由が有る

モテない理由を知るべき


女性に好きなタイプを聞くと「優しい男性」は常に上位にランクインします。 優しい男は好きなタイプの定番中の定番です。 でも、あなたは「オレは優しい男なのに全然モテない」と思っていませんか?

 

もしモテないのなら、あなたは女性が言う「優しい男」を理解していないです。 ここでは女性が求めている男を詳しく説明します。 それを知る事がモテる男になる第一歩なのです。

 

 

自分は優しい男なのにモテないと思う男性は必見です。



「優しい男」は「何でも頼みを聞く男」ではない

優しいだけの男は物足りない


もっとも多い勘違いが「優しい男=何でも頼みを聞く男」という考え方です。 女性がもっともガッカリするパターンでも有ります。

 

一見すると女性を気遣うのが「男の優しさ」と思いがち。 でも女性が求める優しさでは無いのです。

 

何でも頼みを聞くのは「都合が良い男」となる

頼みを聞いてくれると女性は喜びます。 でも余り簡単に言う事を聞き過ぎると逆効果になります。 完全に下僕です。 女性より下に見られちゃいます。

 

そして女性はリスペクトできないような男を簡単に切り捨てます。 恋愛対象から外れて「都合が良い男」になるのです。

 

女性の頼みを聞くにしても下に行かない

女性から頼みを聞くにしても立場が下にならないようにします。 少しだけ上位なのが良いくらいです。 女性の頼みを聞くにしても上から目線で行きます。

 

「今回は頼みを聞いとくよ。でも貸しだからな!」とか「別に構わないよ。代わりに後でオッパイを揉ませろよ(冗談)」くらい行きたいですね。

 

女性の主導権を渡すのは優しさではない

「何を食べたい? 好きなので良いよ。」これも女性を尊重して良さそうなセリフに見えます。 でも優しさでは無いのです。 女性をリードするのを完全に放棄してます。

 

まだ親密な関係でない場合、主導権を渡されても女性は困るだけ。 女性の言う事を聞けば良いと言う訳では無いのです。 女性にデートの選択肢を示すのは良いですが丸投げは厳禁です。

 

 

女性が恋人に求めているのは「簡単に言う事を聞く便利な男」では無いのです。



女性が求める優しい男は「分かりやすい」事が何より重要

女性が分かりやすい男になるべき


ここに女性が男性に求める「優しさ」が有るのです。 やっぱり女性は「男性にはリードして欲しい」と思っています。

 

そして、女性としては男性に構って欲しい。 さりげない気配りを女性は求めています。

 

本当に優しい男なんて簡単には分らない

男が思う本当に優しい男は「一見すると人当りは柔らかいけど、実は自分の意見を持っていて、それでいて思いやりのある男」だったりしますよね。

 

でも、そんな優しい男の魅力なんて、簡単には女性に伝わりません。 伝わるとしても膨大な時間が掛かります。 そんな時間を待つほど女性はヒマじゃないのです。

 

女性が求める優しい男は分かりやすい

本当の男の優しさが伝わる前に「この男は優しくない」と女性に思われたら即終了です。 優しい男なんて伝わるチャンスも無い訳です。

 

だから女性が求めている優しい男は即効性が命です。 短時間で分かりやすいシンプルな「優しい男」こそ女性は求めているのです。

 

具体的な行動こそ女性が求める優しい男

だから女性に敬意を払いつつ、女性を大事にする気配りの行動が重要です。 その行動の積み重ねが優しい男ですし、その行動がないと女性には分からないのです。

 

ここでは女性と二人で食事をする時の「女性が求める優しい男」の具体的な行動を上げてみます。 短時間で女性に「優しい男」であるのを伝える方法です。

 

 

実は簡単な事ばかりですよ。 一つ一つは小さな事ですが女性は敏感に察知します。


 

  • 待ち合わせには30分は早く到着して待たせない。
  • 道を歩く時は男は車道側を歩いて女性を車から守る。
  • 階段を下る時など足元が危なかったら手を差し伸べる。
  • エレベーターから降りる時は扉を押さえてあげる。

 

 

最初に待ち合わせをして街を歩く時にも、女性は「優しい男性」の雰囲気を敏感に感じるのです。


 

  • レストランに行ったら女性の椅子をさりげなく引いて座らせる。
  • 食事の時にメニューが一つなら女性の方に向けてあげる。
  • お店では率先して自ら歩いて店員さんを呼ぶ。
  • 店員さんには横柄な態度を取らずに丁寧に接する。

 

 

もちろんお店に入ってからが本番です。 そして会話は男性の優しさを感じる大きなポイントです。


 

  • 女性に「大変じゃない?」と聞いて愚痴を引き出す。
  • 愚痴を聞いたら「でも頑張っているんだね」と女性に共感する。
  • 女性が泣いている時にはハンカチを差し出す。
  • 女性に「凄いな尊敬しちゃうよ」と褒める。

 

 

この位に分かりやすい優しさこそ女性は求めています。


 

実にベタな紳士的行動こそ分かりやすい

もう徹底的に分かりやすい行動こそ「女性が求める優しい男」なのが分かったでしょうか。 逆にいえば、多くの男はこんな行動を出来ないのです。 実際、面倒くさい事ばかりですからね。

 

そして、こんなベタな行動を男友達に見られたら最悪です。 余りにもサブいです。 でも、このサブい行動こそ女性が求めているので、二人っきりの時こそ積極的に行動して「女性が求める優しい男」だと女性にしつかり伝えます。

 

 

女性が求める優しい男の姿が見えて来たでしょうか。 分かりやすい優しさが大事なのです。



女性に優しい男をアピールするには経験値が必要です

優しい男にも価値が有る


あなたが狙っている女性がいるなら、すぐにでも優しい男アピールをしましょう。 きっと良い反応が有るはずです。

 

でも狙っている女性がいなくて、モテるために「女性が求める優しい男」になりたいなら必要なのは経験値です。

 

女友達こそ優しい男アピールを鍛えるチャンスです

ここまで説明した優しい男の行動ですが、やっぱり訓練というか慣れが必要です。 モテたいなら女性と一緒の時は無意識に行動できる位にしたいですね。

 

だから経験値を積むためには女友達でこの「優しい男の行動」を積極的に試すのです。 それに女友達なら変に緊張する事もないので訓練に最適です。

 

モテるためには先に女友達を増やします

女友達は「優しい男の行動」を試すだけで多くの事を学べます。 モテない男こそ積極的に女友達を作るべき。 女友達には多くのメリットが有ります。

 

最初から女性を口説きに行くのではなく、女友達を作る事で女性に慣れるのが何より大事です。 それに女友達はコツを掴めば簡単に増やせますよ。

 

女性にとって分かりやすい優しい男になればモテるのは当然ですよね。



女性は自分にだけ優しい男を求めている

女性は自分にだけ優しい男を求めている


女性が求める「優しい男」は「自分にだけ優しい男」なのです。

 

普段は頼りになる強い男を求める

普段はバリバリと仕事をしたり、周りを引っ張っていったり頼りになる男は、女性を惹きつけます。 やっぱり頼りになる男性は魅力的ですからね。

 

ちょっとした相談に親身になってくれる男性も、女性にとっては頼りになる男です。 社会人ともなると肉体的な強さより、社会的な強さを男性に求めるのです。

 

弱い者には優しさが見える

自分が先頭に立って周りをリードしたり、困っている人を助ける姿は、女性にとって魅力的です。 時には自分より上の立場の人間に意見を通すのも頼もしいです。

 

でも仲間や部下には優しい姿を見せると、そのギャップが魅力になるのです。 強い相手には自分を通して、弱い相手には気遣いを見せるから、魅力的なのです。

 

そして自分には優しいと嬉しい

周りから頼りにされているのに、自分に対して優しいと女性は嬉しいです。 実力が有るのに、こんな自分に対しても優しいとなると、その気遣いが嬉しいのです。

 

時には厳しいアドバイスをしたり、周りを強く引っ張ったりしても、自分には優しいと女性が惹かれるのは当然です。 そのギャップが魅力となります。

 

 

優しい男は時と場合を考えて行動するのがポイントです。



女性に嫌われてしまう優しい男も有ります

女性は自分にだけ優しい男を求めている


ここまで「優しい男」は「何でも頼みを聞く男」ではない事は説明しましたが、女性に嫌われてしまう優しい男のパターンをもっと詳しく説明します。

 

優柔不断な男

女性を尊重するあまりに、自分では何も決められない優柔不断な男は嫌われます。 一見すると優しい男のようにも見えますが、単に自分で決断するのを放棄しているだけですからね。

 

お店ひとつを決めるにしても、女性に全ての判断を任せるのは考え物です。 そのお店がハズレだったら全ての責任を女性に押し付ける事になっちゃいます。 女性が判断に困っていたら代わりに決断するのも男の優しさです。

 

ゴメンが口癖で頼りない男

よくゴメンが口癖になっていて、とにかく謝る男がいます。 これも優しい男にも見えなくもないのですが、女性にとっては頼りない印象が強く残るだけです。

 

口癖でゴメンと言っているだけなら止めましょう。 当たり前ですが本当に自分が悪いと思った時にだけ謝る方が誠意も伝わり効果的です。 普段からゴメンで逃げないで肝心な時だけ謝るのも男の優しさです。

 

リードしてくれない男

女は基本的にリードしてくれる男性を好みますが、これは女性が行動する為の言い訳を与える事を意味します。 特に女性が迷っている時は男がリードするべきです。

 

何が何でも俺様状態でリードするのは嫌われますが、肝心な所では女性は男にリードして欲しいものです。 ホテルに誘う時は男からストレートに「ホテルに行こう!」と誘うのも優しさですよ。

 

全ては自分に自信が無いのが原因

ここまで説明した優しいのにモテない男は、全ては自分に自信が無いのが原因です。 自信が無いので、必要以上に女性に気を使って自分を出せないのです。

 

だから自分に自信を付けるのも一つの方法です。 男性ホルモンを増やして自信を増やす方法も有りますよ。 男性ホルモンを増やす事により自信を付けるのです。

 

あなたも「自分よがりの優しい男のワナ」に掛からずに「女性が求める優しい男」を目指してくださいね。



合わせて読みたい

年下の女子からモテる男の秘訣は一つだけ【余裕の有る大人の男性!】
イケメンやお金持ちの男がモテるのは当たり前です。 でも、そうじゃなくてもモテるコツさえ掴めばモテます。特に30代後半から40代の男性は知って欲しいです。 狙うなら同年代より年下女子の方がチャンスが有ります。
レベル別Мっぽいのが好きな男の出会い【本気のドМ男って程でもないなら】
最近は冗談で「俺ってドМだからなぁ」なんて言っても笑って許される感じですよね。 もちろんゴリゴリのドМ男はこんな事は普通は言わないわけで。ここでは、ちょっとМっぽい事に興味が有る男性向けに、レベル別М男の出会いについてまとめてみました。
浮気をするなら適度な距離感が大事! 【近すぎず離れすぎないのがコツ】
浮気は良くないですよね。 でも分かっていても止められないのが男のサガです。ここでは浮気願望が有っても、一歩を踏み出せないあなたに禁断の事実を教えちゃいます。浮気はダメだけど知っておいて損は無いので...
今さら彼女なんて諦めるのは早い!【モテない男性こそ変われるキッカケ】
今は40代男性の4人に1人は独身の時代です。 30代で独身なんてのは普通になって来ました。 でも口では「今さら彼女なんて」と言っていても、心の中では「やっぱり彼女が欲しい」と思っているなら諦めるのはまだ早いです。 少しのキッカケでモテない男を脱出できますよ。
女性は「構ってちゃん」なのが基本【ここを理解するのがモテる道】
女性はいつも誰かに構って欲しい「構ってちゃん」です。 男は一人でもそこまで気にならない。 でも、女性は誰かに構って欲しいのです。それが自然でも有り、チャンスでも有ります。ここを理解しておくと女性と距離を縮めるのも簡単になりますよ。 でも女性は誰かに構って欲しくてウズウズしています。 ここを理解するのはモテる男の道なんです。