年下 女性 落とし方

年下の女性を落とすコツが有る

年下の女性こそ実は簡単に口説ける


やっぱり女性を口説くなら年下の若い女性の方が良いですよね。 特に30代後半から40代の男性にこそ知って欲しいのですが、意外と年下の女性こそ落とすのは簡単です。

 

余計な事を考えずに、気持ちで行動する若い女子こそ、年上の大人の男なら口説きやすいのです。 その秘訣を知れば、あなたも年下の女性こそ狙い目だと分かります。

 

意外と若い女性の方が落としやすい

25歳から27歳になると、女性も世の中の事が分かって来て、簡単には口説けなくなります。 ちょど調子に乗ってくる年頃でも有るので、男も舐められちゃうんですよ。

 

でも女性も28歳になると少し焦って来て楽になり、31歳を超えるとまた面倒。 やはり23歳くらいまでの年下の若い女性が断然、落とすのが簡単なのですよ。

 

今の若い男は本当に草食系だからチャンス

24歳まで位の女性だと、同年代の男が草食系でとにかく消極的。 女性だって待っているのにアプローチされないので、若い女子は意外と余っているのです。

 

どうも草食系の男はガツガツと若い女性に告白して、コテンパンに振られるのが怖いみたいです。 でも女性は口説かれるのを待っているので、落としやすいのです。

 

大人の魅力で年下の女性を落とす

若い女性は同年代の男が弱くて物足りない。 だから年上の男が大人の魅力を見せつければ、簡単に年下の女性を落とせるのです。

 

これは今の時代だからこそのボーナスステージですね。 このページで詳しく説明しますが、大人として普通に振るまえば、簡単に年下の女性を口説けます。

 

 

意外とと年下の若い女性の方が落とすのが簡単です。 コツをつかめば簡単なんです。



余裕の有る年上の男性こそ若い女性にモテます

ポイントは余裕が有る大人の男


女性は男性に比べて精神的に成熟するのが早いです。 だから女性から見ると、同年代の男性は子供に見えます。

 

でも男性でも年齢を重ねれば、さすがに若い女子よりかは成熟します。 だから大人の魅力でこそ女性を落とす事が出来るのです。

 

「余裕」の有る大人の男性ほどモテます

モテない男には理由が有ります。 余裕が無い若い男に有りがちです。 あなたも若い頃には、身に覚えが有ると思います。

 

  • 女性を誘うのに必死でガツガツ
  • デートも必ず割り勘でセコい
  • 食事のマナーが悪く汚い
  • 自分を大きく見せようと自慢話
  • 女性の話をまったく聞かない

 

もしかしたら、今でも耳が痛い話も有るかも知れませんね。 ついつい自慢話をしちゃうなんて人は、若い女性には自慢話をしないように心掛けると良いです。

 

「余裕」の有る大人の男性ほどモテます

若い男には無い「大人の余裕」こそ若い女性を落とすコツです。 モテない男の行動の逆を行けば良いのです。 特に若い男にはできない事ばかりなのです。

 

  • さりげなく女性を誘う【断られたら2週間は空ける】
  • 普通にご馳走【ここは当然のにように】
  • 食事のマナーに気を付ける【音を立てない】
  • 自慢話はグっと我慢【ここは気を付けて】
  • 女性の話を徹底的に聞く【じっくり話を聞いてあげる】

 

特に自慢話を抑えて、女性の話を徹底的に聞くのは重要ですよ。 余計な説教を挟まずに聞き役に徹するのです。 これも若い男には難しい事なのです。

 

大人の余裕を見せつつギャップも見せる

大人の余裕をしっかり見せれば、ギャップを見せるのも活きて来ます。

 

仕事の熱い話をしたと思ったら、趣味の話を語ったり。 経済の話もすれば、女子から芸能人の話も喜んで聞く。

 

大人の男の余裕を見せておいて、たまには可愛げが有る隙も見せるのです。 それがギャップとなります。 ギャップとなるのも年上の男だからこそです。

 

実は年下の女性を相手なら意外と簡単です

大人の余裕を見せたり、たまにはギャップを見せたり。 難しそうに見えても若い女子が相手なら意外と簡単です。 ここは大人の男だからこそでしょうね。

 

自分が若い女子を相手に舞い上がらなければ簡単なんです。 「年下の小娘が相手なら簡単」くらいの気持ちで余裕を忘れなければ簡単です。

 

それには始めから若い女子を口説くのではなく「年下の女友達」を作る位が簡単なんです。 変に口説こうとしないで、最初は友達くらいの距離感で始めます。

 

 

余裕が有る大人の男が、何となく年下の若い女友達もいるって設定ですな。 これは強力ですよ。



年下の女性に女友達としてアプローチすれば余裕が有ります

若い女性を狙う


大人の男だけど若い女性にも、何となく興味が有る。 ベースに有るのは「余裕」が有る「大人の男」です。 焦らないで余裕を見せます。

 

このスタイルを守れば30代後半から40代の男が、若い20代の女性を求めてもOKです。 野心はさりげなく隠してチャンスを狙います。

 

複数の女子に同時にアプローチする

1人に絞って口説こうとすると、どうしても余裕が無くなります。 だから同時に複数の女性にアプローチします。 女友達なら複数の女性にアプローチしても問題は無いですよね。

 

ここで、あくまで「年下の女友達」と言うのが活きて来ます。 最初は女友達で良いから、複数を同時進行で行けるのです。 女友達だからこそ同時進行も有りなのです。

 

実際、慣れも有るので経験は必要

女友達とガツガツしないで、お互いに楽しく会話するには慣れは必要です。 でも女友達で良いと思うから楽です。 ここに40代の男が年下の若い女子を落とすチャンスが有ります。

 

最初はガツガツしないで女友達で良いのです。 しかも相手が年下だったら余裕を持ってアプローチできますよ。 まずは女友達としてアプローチです。

 

焦らず、じっくりと複数の女友達を攻めて行くのです。 最初は女友達ですよ。



女性は同年代の男に退屈しています

女性は構って欲しいのを理解する


最近は「草食系男子」なんて言葉も有る位で若い男は消極的だったりします。 だからこそ大人男性には大きなチャンスがあるのです。

 

20代の男性の4割が童貞との統計も有る時代です

20代といえば恋人が欲しくてエッチがしたくて我慢できない年頃のはずですよね。 でも、今は20代の男性の4割が童貞の時代なのです。

 

長く続いたデフレ不況の影響もあるのでしょうが、草食系男子が恋愛に消極的になっています。 だから女性は若い男に退屈してるのです。

 

テレビやメディアでも年の差カップルや夫婦が普通に増えています

女性が同年代の男性に退屈した結果、年上の大人男性のチャンスが増えたのです。 年の差カップルも珍しくなくなって来ました。

 

でも、大人男性はここでガツガツ行ってはダメですよね。 やっぱり大人の男の余裕こそが若い男との差別化になりますから。

 

じっくりと若い女性にアプローチするのがコツです

ここは焦らず、大人の男性としての余裕が大事です。 チャンスは大きいのですから焦る必要は無いです。 若い女性を積極的に狙いましょう。

 

その後の展開は大人の男であれば、意外と簡単に若い女子を口説けますよ。 年下が相手だからこそ、口説く時にも余裕が持てますからね。

 

若い男にはない魅力で行けるのが大人の男なのです。 今のチャンスを最大限に活かしましょう。



合わせて読みたい

浮気をするなら適度な距離感が大事! 【近すぎず離れすぎないのがコツ】
浮気は良くないですよね。 でも分かっていても止められないのが男のサガです。ここでは浮気願望が有っても、一歩を踏み出せないあなたに禁断の事実を教えちゃいます。浮気はダメだけど知っておいて損は無いので...
今さら彼女なんて諦めるのは早い!【モテない男性こそ変われるキッカケ】
今は40代男性の4人に1人は独身の時代です。 30代で独身なんてのは普通になって来ました。 でも口では「今さら彼女なんて」と言っていても、心の中では「やっぱり彼女が欲しい」と思っているなら諦めるのはまだ早いです。 少しのキッカケでモテない男を脱出できますよ。
女性が求める優しい男になるコツ!【これを知ればモテるのは当たり前】
女性に好きなタイプを聞くと「優しい男性」は常に上位にランクインします。 でも、この「優しい男性」を勘違いすると全然モテません。 ここでは女性が求める「優しい男性」の本当の意味を教えます。自分は優しい男なのにモテないと思う男はここを勘違いしているからモテないのです。
女性は「構ってちゃん」なのが基本【ここを理解するのがモテる道】
女性はいつも誰かに構って欲しい「構ってちゃん」です。 男は一人でもそこまで気にならない。 でも、女性は誰かに構って欲しいのです。それが自然でも有り、チャンスでも有ります。ここを理解しておくと女性と距離を縮めるのも簡単になりますよ。 でも女性は誰かに構って欲しくてウズウズしています。 ここを理解するのはモテる男の道なんです。