非モテ男 彼女欲しい

自分は「非モテ男」だと分かっていも彼女が欲しい

非モテ男も彼女が欲しい


残念ながら自分が「非モテ男」だと分かっていても、やっぱり彼女は欲しいですよね。 やっぱり誰だって1人はイヤです。

 

でも、彼女がいないのは「当たり前の事が出来てない」だけ。 難しく考えすぎて行動できてないのです。 これを知れば彼女は作れますよ。

 

男性アイドルのように大勢の女子にキャーキャー言われる必要は無いはず

モテたいとは思っても、大好きな彼女がいて、たまには女友達と食事くらいは... で十分じゃないでしょうか。 浮気はいろいろ危ないですからね。

 

ガツガツしないで気持ちに余裕が有れば、多くの女性とお近づきになれます。 最も相性が良い女性が彼女になるのは自然な事です。

 

まずは自分自身が「非モテ男」のパターンにハマってないかチェック

世の中には女子にキャーキャー言われるイケメンもいれば、まったく女子に相手にされない非モテ男もいます。

 

そして決してイケメンでもないのにモテる男は沢山いますよね。 まずは非モテ男のパターンから脱出しましょう。 実際の話、まずはここからです。

 

 

彼女が欲しいなら一つ一つ段階を踏めば簡単ですよ。 非モテ男から脱出しましょう。



非モテ男のあるあるパターンから脱出する

モテない男は同じ失敗を繰り返す


長い間、非モテ男をしていると無意識の内に非モテ男のパターンにハマっています。 そんな「あるある」から脱出するのが先ですよ。

 

彼女が欲しいのに逆の行動をしている。 ここを意識するのが最初の一歩です。 いや、分かれば簡単な事なんです。

 

男友達とツルみ過ぎている

気を使わなくても過ごせる友人は大切ですよね。 でも、自分の時間が無くなる程にツルむのは良くないです。

 

やっぱり意識して自分一人の時間や、自分と女性との時間を作りましょう。 男の付き合いは大事でも、男友達と遊ぶのは程々に。

 

女なら誰でも良いと思ってる

非モテ男が長く続くと、女なら誰でも良いから彼女が欲しい。 あわよくばエッチだけでも誰でも良いと思いがちです。

 

さすがに彼女も誰でも良いと言うのはマズイです。 そういう考えは女性にバレるから、女性が引いてしまうのです。 変に焦っちゃダメ。

 

1人の女性に執着する

そして、誰でも良いの逆パターンとして、1人の女性に執着するパターンも有ります。 どちらも極端なのは良くないです。

 

相思相愛なら問題は有りませんが、女性にその気が無いと単なるストーカーです。 まずは彼女候補を何人か作りましょう。 現実的な話です。

 

 

彼女候補と言っても、片っ端から口説く訳ではないです。 次で説明しますが、もっと普通の事ですよ。



最初は女友達から始めて自然と彼女を作る

女友達がいれば男として成長する


彼女が欲しいと願うと突然、運命の出会いが有って急に彼女が出来る... なんて事は有りえませんよね。

実に当たり前な事ですが、最初は彼女候補が必要です。 まず女友達から始めます。 その中から自然と気になる女性が出て来るのです。

当たり前ですが非モテ男は女友達がいない

非モテ男は女友達がいないから彼女候補すら無いのです。 女友達がいれば彼女候補となる女性は自然と現れます。

そして最初は女友達で良いんだと思えば、肩の力も抜けて女性の前で自然体になれます。

女性の前で自然体になるのが重要

非モテ男は女性の前で緊張してませんでしょうか。 でも、女友達なら緊張しないで話せます。

そして例え女友達で有っても、多くの女性と触れ合う事が重要なのです。 女性に慣れて自然体になれますからね。

だからこそ最初は女友達を増やす

女性にも慣れて自然体となれは、気持ちにも余裕が出て来ます。 そうなると、女友達の中でも何となく気が合う女性が現れます。

本当の自分を出せるようになれば、自分自身も積極的になれます。 最初は女友達から始めるのが彼女を作るコツですよ。

 

女性に慣れてないからモテない... モテないから女性にも慣れない... の悪循環から脱出しましょう。


女友達とはいえ女性との会話が苦手な場合

女性との会話にはコツが有る


男友達が相手なら冗談を言ったり楽しく過ごせるのに、女性が相手だと会話が不安な場合も有りますよね。

 

やっぱり男友達と女友達では会話も変わって来ます。 ここは男性の方から女性に合わせれば簡単ですよ。

 

まずは女性と他愛のない話をする

この他愛のない話が女性との距離を縮めます。 女性にとって他愛のない話を出来るのは、心を許せる男性ですよ。

 

この他愛のない話を見過ごしていると男は多いです。 なんて事はない話で、緊張もしないでお互いに良い関係になるのは楽しいのです。

女性との会話で地雷を踏まない

そして余計な事を言って、女性との距離が広がらないようにも注意です。 地雷を避ける慎重さもモテる男には必要です。

 

意外と気が付かずに地雷を踏んでいる男は多いですよ。 逆にここを避ける事ができれば、女性との距離も勝手に縮ますますからね。

さりげなく女性を褒めるので更に近づく

女友達を褒める(ホメる)事で、女友達から彼女に近づいて行きます。 女性を口説く第一歩は褒める事ですよ。

 

すでに気になる女性がいるのなら、なおさら役に立つと思います。 自分の気持ちをさりげなく伝える最強のアプローチです。

 

とは言っても最大のコツは「慣れ」です。 ここに有るポイントを意識しながら女友達と経験値を積み重ねましょう。



当たり前の事をすれば彼女を作れる

モテない男を脱出するのは簡単


世の中には女性に困らないモテ男もいれば、まったく女性の気配がない非モテ男もいます。

 

でも女友達を作って女性に慣れる事で、「非モテ男」も「モテる男」に変身できるのです。

 

でも多くの非モテ男は何も行動していません

何も行動しないのに「彼女が欲しいなぁ」なんて嘆いているのです。 働かないと給料は貰えないのは誰でも知ってます。

 

でも行動しないと彼女が出来ないという事は、意外と気が付いてないのです。 忙しいのを言い訳にして行動しなかったりね。

 

きっと本当の事は誰も言ってくれないので

ちょっと厳しい現実をあえて言いますね。 現実は厳しいです。 彼女が欲しいのに自分から行動しないなら、彼女を作るのは無理です。

 

今の生活パターンで彼女ができますか? 半年後は? 一年後なら? 自分の生活を続けても彼女が出来ない現実を認めるべきです。

 

当たり前の事を普通にやれば彼女は出来ます

世の中には多くの女性がいます。 気が合う女性も、そうでない女性もいます。 だから相性が良い相手を探せば良いだけです。

 

そんな当たり前の事をすれば彼女は出来ます。 当たり前の事をすれば非モテ男は卒業できます。 多くの非モテ男は何もしないだけ。 これは本当に実感します。

 

 

女性だって人間なんですから、一対一で普通に接すれはチャンスは有ります。 でも、女性との接点が皆無ならチャンスも無いのは当たり前です。



合わせて読みたい

社会人の出会いのきっかけは意外と有る!【自分で出会いを増やすべき】
社会人となって出会いが減ったと感じる人は多いでしょう。 学生の時は何かと声が掛かったりしましたよね。もちろん社会人になっても出会いのキッカケは沢山あります。 コツをつかめば、社会人でも多くの女性と知り合うキッカケはあります。
女性との会話で話す以前の大事なコツ【実は会話以前の重要なポイント】
女性と楽しく会話を弾ませたいですよね。 でも多くの男は話す以前に準備が出来てないのです。 ちょっとしたコツで会話以前に大きな差が出ます。 一つ一つは簡単ですけど、知らないと大きな損ですよ。
真面目な男がモテないのは理由が有る!【良い方向で真面目ならモテるはず】
軽いチャラ男より真面目な男の方が良いに決まっている! それなのに真面目な男がモテないのはなぜ? もちろん女性は「真面目な男」を求めてます。 それなのにモテない理由を教えちゃいます。
寂しいと感じると誰かと繋がりたい... 【誰だって寂しい時は有る】
寂しいと感じると人と抱きしめ合ったり触れたりしたい。 一緒にいるだけでも安心するので、誰かと繋がりたいですよね。 この寂しいという気持ちと上手く付き合って行くのは大切な事です。 ここでは寂しいと感じる原因と対処法を紹介します
真面目な男は恋愛で損をする!【真剣なら良いと言う訳でもない】
遊びで女性と付き合う軽い男は最低。 恋愛だって真面目なのが当たり前。 自分なら真面目に付き合うのに...と思ってませんか? あなたが今も良い恋人に恵まれているなら、その考えは正解。 でも恋人どころか女友達もいないなら何か違うのかも。
※仕事に頑張っていても彼女が出来ない理由がある【実は仕事に逃げているかも】
あなたが3年以上、彼女がいないなら仕事に逃げている場合が多いです。厳しいかも知れませんが現実です。でも自分から行動すれば今の状況を簡単に変える事が出来るのです。
※モテない男は知らない流れで何となくセフレを作る!【特別な事じゃない】
セフレなんて言葉を聞くと、どこか別世界の事のように思ってませんか? でもセフレは特別な事ではないです。そんな女性の気持ちを理解すれば、セフレを作れる男になれます。セフレは何となく流れで作るのです。
※レベル別Мっぽいのが好きな男の出会い【本気のドМ男って程でもないなら】
最近は冗談で「俺ってドМだからなぁ」なんて言っても笑って許される感じですよね。 もちろんゴリゴリのドМ男はこんな事は普通は言わないわけで。ここでは、ちょっとМっぽい事に興味が有る男性向けに、レベル別М男の出会いについてまとめてみました。