モテない男の勘違い

アドバイスをしているつもりが...

空回りしている男性


女性の悩みを聞いていると、ついついアドバイスしたくなります。

 

でも、あなたがアドバイスのつもりでも女性は「説教かよ!」と思っている事も。 モテない男の勘違いですね。

 

せっかく女子との距離を縮めるチャンスかモッタイナイ! ちょっと気をつければ大丈夫です。

 

 

知らない間にモテない男の墓穴を掘ってないかチェックしましょう。



女性への説教は何としても避ける

説教している男は最悪


それこそ子供の頃から説教をされて人は成長しています。 特に女性は親から厳しく言われて育っています。

 

だから良かれと思って言った事が説教となって、女性にとって楽しくない時間になるのはマズいですよね。

 

相手の事を思ってないと説教はできないの確か

相手を思う事そのものは良い事です。 どうでも良い相手は説教ではなく無視するはず。

 

だから相手の事を思ってアドバイスを言うあなたは間違ってないです。 間違っては無いのですがモテない男に一直線です。

 

 

こう行動したらどうかな


 

良かれと思って正論を言うと説教に

とは言っても、余程の信頼関係がない限り、正論を言っても「説教かよ」となり伝わりません。

 

良かれと思って言っても伝わらない。 しかも女性にも嫌われて踏んだり蹴ったりです。 伝わらないアドバイスなんて無意味ですよね。

 

 

説教かよ...


 

あなたの目的は女性との距離を縮める事のはず

女性を論破するのが目的ではなく、女子とお近づきになって口説くのが目的ですよね。

 

だから絶対に説教になってはダメ。 相手の話をしっかり聞いて、どうしても必要な場合だけアドバイスです。

 

 

女性に「説教かよ!」と思われるのだけは全力で避けましょう。



徹底的に女性の話を聞いてから必要な場合だけアドバイス

女性へのアドバイスは控えめに


女性との距離を縮めたいなら説教は論外です。 そして女性が本当にアドバイスを求めているかも見極める必要が有ります。

 

話を聞いて欲しいだけのパターンなら話を止めない

女性が説教はもちろんアドバイスも欲しがっていない場面... こんな時にアドバイスは逆効果です。 モテない男がハマりがちなパターンですね。

 

 

ウチの課長って最悪! 仕事でメチャ細かく突っ込んて来るの!


 

それはホウレンソウが出来てないからじゃないかな。 報告は仕事の基本だよ。 最初に相談も必要だしね。


 

・・・


 

まずは徹底的には話を聞くのが重要

とにかく話を聞く事に徹します。 この言葉のキャッチボールが女性との距離を縮めるのです。 論破なんて無意味なんです。

 

 

ウチの課長って最悪! 仕事でメチャ細かく突っ込んて来るの!


 

あ〜、分かる。 うちの上司もウルサイし。 どんな事で突っ込まれるの?


 

○○で企画書を書けって言うから書いたのよ。 そしたら一字一句を添削するのよ!


 

そりゃムカつくね。 一応、書き直したの?


 

仕方が無いから直したわよ。 しかも何回もダメ出しされて、何回も書き直し。


 

まあ最後にOKを貰えたら、まだマシかなぁ。


 

ところが散々書き直して最後に「この企画内容じゃダメかな」だって! もう最悪!


 

そりゃ確かに最悪だね! 頑張った〇〇ちゃんは偉いよ。


 

アドバイスは明確に求められた場合に限定

例え他愛の無い話が続いたとしても、女性の話を遮ってアドバイスは厳禁。 女性の話に共感してキャッチボールを続けるのが重要です。

 

でも、女性がハッキリとアドバイスを求めて来た場合はアドバイスします。 少しづつ女性自身に考えて貰いながらアドバイスです。

 

 

もう何回も企画書を書かされて困っちゃう。 どうすれば良いのかな?


 

そうだなぁ。 まず下書きの段階で上司に見せたりしている?


 

え? そんな事をしても怒られないかな?


 

「〇〇の方向で考えているのですが、先に方向性の確認をお願いします」とか言えば大丈夫だよ。


 

そっかぁ、それなら仕上がってなくても見せやすいかも。


 

それに早めに見せれば軌道修正も簡単だしね。 大筋を固めてから細かい表現は調整できるよ。


 

じゃあ、こういう場合は? (会話は続く...)


 

アドバイスをするにしても、女性と一緒に考えて行くのが重要です。 一方的なアドバイスは会話を止めちゃいますからね。 女性と会話しながら考えて行くのです。

 

 

アドバイスが求められていない場面では「○○ちゃんは大変なのに凄いね」「よく頑張っているよ」と女性に共感です。



女友達を作って経験を積めば無駄な説教もしない

女友達を作る男


ついつい女子に良い所を見せようと説教みたいな感じになりませんか? ちょっと自慢話も入った説教になったりして。 モテない男の自慢話は最悪です。

 

そんな女性との会話でダメなタブーを避けるのも経験を積めば簡単です。 腰は低くても気持ちを高くもって行動するのがコツですよ。

 

女友達を作って話すだけでも経験になる

誰でも最初から気になる女子に良い所なんて見せれません。 女友達を作って経験を積むのが良いですよ。
まずは女友達を作る所から始めるのが簡単

 

他にも有る女性との会話で大事なポイント

一つ一つは小さなポイントで、ちょっとしたコツです。 興味が有ればチェックしてみてくださいね。
女性との会話で大事なポイントを押さえるのがモテるコツ

 

 

とにかく女性に説教は絶対ダメ! アドバイスすると言うより女性に考えて貰うのを手伝うだけ。 そうすればモテない男から一歩脱出できますよ。



関連ページ

モテない男でも彼女が欲しい!【当たり前の事が出来れば簡単なはず】
残念ながら自分が「モテない男」だと分かっていても、やっぱり彼女は欲しいですよね。でも、モテないのは「当たり前の事が出来てない」だけ。 難しく考えすぎて行動できてないのです。モテない男のパターンから脱出して彼女を作るコツをまとめてみました。
モテない男の5つの特徴!【逆にここを気を付ければ大丈夫】
良くモテる男になるには清潔感とマメさが大事なんて言いますよね。逆にモテない男にも共通した特徴が有ります。 ここに当てハマるのはマズイです。逆にここをクリアするのが重要なのです。
男ばっかりの会社? そりゃ大きなワナです 【そこに染まらないのが大事】
男ばっかりの会社に勤めていると、出会いなんて無いですよね。 でも、出会いが無い位なら、まだマシです。実は大きなワナにハマっているのかも。 これに気が付いてないならヤバいですよ。なんとしても、そこから抜け出さないと...
モテない男の5つのNG行動!【速攻で対策できるポイント編です】
ある日、突然にモテる男になるのは難しいです。 そんな急には変わりませんからね。でも、モテない男から脱出するのは意外と簡単です。 ここでは即実行できるポイントについて説明します。
モテる男になりたいなら「自信」と「うぬぼれ」を履き違えるな【痛い男は嫌われる】
「自信」に満ちて積極的な男性はモテます。 でも「うぬぼれ」男はモテません。 似ているようで大きく違います。ここでは「自信」と「うぬぼれ」の違いをバッチリ説明します。 この違いが分かればモテる道も見えて来ますよ。
モテない男は自信が無いからエッチもできない!【でも対策は簡単】
モテない男は自信が無さそうに見えます。 そして自信に満ちた男は女性にモテます。 やっぱり女性は男性にリードして欲しい。だから自信を付けるのは大事です。そしてモテない男が自信を付ける方法が有るのです。
モテたいなら「女性イジリ」は慎重に少しだけ【使い過ぎは逆効果】
会話の中でちょっとした悪口を混ぜる「女性イジリ」は「ネグ」とも呼ばれる会話テクニックです。 でも「女性イジリ」は使い方を間違えると逆効果。 その理由を理解すれば、もっと自分に合う会話術が見えて来ますよ。
女性と目が合うのはどういう意味?【モテない男は勘違いする】
職場で目が合う女性がいると気になりますよね。 普段から話す仲なら良いんだけど、余り会話も無い仲だと気になります。 女性と目が合うという事には、どういう意味が有るのでしょうか? ここはモテない男が勘違いしがちな部分も含めて解説します。