女性 構って欲しい

女性は構って欲しいのを理解するのがモテるコツ

女性は構って欲しい


女性はいつも誰かに構って欲しい「構ってちゃん」です。 男は一人でもそこまで気にならない。 でも女性は違います。 女性は誰かに構って欲しくてウズウズしています。

 

ここでは女性が誰かに構って欲しい理由をしっかり説明します。 女性が「構ってちゃん」なのを理解すれば、女性との距離を縮めるのも簡単なのが分かります!

 

 

ちゃんと理由が有って女性は構って欲しいのです。 そこを理解している男性は自然とモテますよ。



女性には構って欲しい理由が有ります

女性は誰だって構って欲しい


女性には構って欲しい理由がちゃんと有ります。 ここを理解する男は自然とモテるのです。

 

他人に依存している

男から見ると理解に苦しむかも知れませんが、構って欲しい女性は他人に依存するのです。 何をするにも誰かと一緒でないと落ち着かなくて、1人では何も決められないのです。

 

依存するのは友達だったり、家族だったりする事も有りますが、やはり異性に最も依存するのです。 1人でいるのに耐えられないので誰かに依存します。

 

寂しがり屋でも有る

誰かと一緒でないと行動できないタイプです。 ショッピングでも外食でも1人では心細いので、誰か一緒でないと行動できない。 やっぱり誰かに構って欲しいのです。

 

最近は1人で行動するのが好きなタイプもいますが、やっぱり女性は学生の頃から誰かと一緒にトイレに行く習慣が抜けないのかも。 寂しがり屋さんは構って欲しいのです。

 

自分に自信が無いから構って欲しい

これは男にも有るのですが、誰かに自分を評価して貰わないと、自分に自信が持てないタイプです。 自分に自信が無いので、誰かの評価が欲しいのです。

 

自信が無いから1人での行動に耐えられなくて、誰かに自分を認めて欲しいのです。 さりげなく相手を認める事で、構って欲しい女性との距離は一気に縮まりますよ。

 

 

誰かに構って欲しい女性の気持ちをくみとってこそ、女性は心を開いてくれます。



だから隙さえあれば女性には気を掛けましょう

女性の変化をチェックすればバッチリ


余り気負いせずに、サッと声を掛けます。 ここは軽い感じの方が良いですね。 重い感じだと逆効果だからです。

 

そして考えすぎて何も言えないのは良くないパターン。 女性に気を掛けるには、ちょっとしたコツが有ります。

 

女性の変化を敏感に察知

「あれ髪型を変えた?」「メイクを変えた?」「今日のファッションは大人っぽいね」など、変化を指摘しましょう。 モテる男はこれが自然に出来ます。

 

できない場合、前回の事をちゃんとメモって次回に活かすと良いですよ。 慣れれば意外と簡単に違いが分かるようになります。 相手に興味を持って観察するだけです。

 

感情の変化のチェックも欠かせません

女性は外見だけでなく内面の変化も大事です。 雰囲気が変わったり、話の内容も変わったりします。 女性を観察と言うの内面も含めた観察なのです。

 

「なんか良い事でも有った?」「最近、仕事が楽しそうだね」など内面の変化にも気にかけてくださいね。 女性の全体の雰囲気を読むのがコツですよ。

 

女性をしっかり褒める

誉めるとは「魅力を発見して伝える」事です。女性が言って欲しい魅力、あるいは意外な魅力を伝えるのです。 褒める事は相手を気に掛けている証拠です。

 

褒めるのは大きな武器ですよ。 重要な事なので、こちらの関連記事にしっかりまとめてあります。 ここは知っておいて損はないです。

 

女性に気を掛けるのは、女性に対してしっかり向き合う事です。



女性は構って貰う事に本能的に喜びを感じている

構って欲しい女性


女性は誰かに構って欲しいのは女性の遺伝子レベルの本能でも有ります。

 

もちろん諸説は有りますが、ここでは有力な説から「構ってちゃん」の理由を説明します。

 

女性が外敵から身を守りたいのが本能

遠い昔、メスは体力的には弱いので、外敵から身を守る為に集団を形成していました。 オスは狩りに出掛けて、時には単独でも行動します。

 

でもメスは子供を守る為にも群れを成してました。 昼間はオスが狩りに出掛けていますし、外敵から襲われるリスクを少しでも減らす為に群れるのです。

 

もちろん現代はそんな単純では無いのですが

こういった本能的な部分は今も変わらなかったりします。 遠い昔の名残りで、誰かに守ってもらったり、気にかけて貰えると女性は嬉しい...と言うのが「構ってちゃん」説です。

 

もちろん、そんな単純では無いです。 あくまで説です。 でも現代の人間も、本能で異性を求める部分は残っていますよね。 本能で誰かに構って欲しくて守って欲しいと思うのも自然な事です。

 

そんな理屈は抜きにしても気にかけて貰うのは嬉しい

子供の頃は親に構って貰うのが何より嬉しかったはず。 大人になっても男性だって尊敬する先輩に気にかけて貰えば嬉しいですよね。 女性だって誰かに構って欲しいと思うのは当たり前です。

 

感情豊かな女性ほど、そう言った誰かの気づかいを、敏感に感じるのは当然ですよね。 相手が自分に気を使ってくれている部分も含めて、誰かに構って貰えると嬉しいと感じるのが女性なのです。

 

 

単純に誰かに気にしてもらえば嬉しい。 特に女性は...という話です。 シンプルですが説得力が有る説ですよね。



周りの女性に気を掛けるなら慎重に

女性は細かい所まで見ているので慎重に


女性に気を掛けるのがモテる男には大事です。 普段から周りに気を掛けていると慣れて上手になりますよ。

 

あなたが学生なら、片っ端から周りの女性に声を掛けても良いでしょう。 でも社会人ともなると慎重さが必要です。

 

全ての女性に平等に気を掛ける

若くて可愛い女性にだけ気を掛けるようだとマズイです。 放っておいた女性からクレームになります。 むしろ派手な若い娘だけでなく、地味で真面目な女性こそ気さくに話しかけた方がポイントが高いです。

 

女性の嫉妬は怖いですからね。 全ての女性に平等に声を掛けて、気に掛ける必要が有ります。 偏らないような配慮は当然です。 職場なら手帳にメモして管理する位がちょうど良いです。

 

そうなると職場では口説くのは論外

あくまで女性に気を掛けるトレーニングに徹する感じですね。 特定の女性を口説くのは本気の場合だけ。 普段は、あくまでサラっと周りの女性に気を掛けて、構って欲しい欲求を満たすのです。

 

職場ではそう言う慎重さが必要です。 手あたり次第に口説いてたら、会社に居場所なんて無くなりますからね。 女性と友好な関係を築く事ができれば仕事でもサポートを期待できるので良い事ずくめです。

 

だから女友達を探す所から始めるのが簡単

部署が別の同期の女性を女友達にしたり、出来れば職場と無関係の女友達を作るのが良いです。 あくまで女友達です。 変に口説かないで、あくまで構ってあげると考えれば楽ですよ。

 

女友達から女性が「構ってちゃん」なのを学んで、気に掛けるのに慣れる。 そのための女友達を作る感覚です。 欲張らない方が上手く行きます。

 

最近は職場のセクハラなんてのもウルサイですからね。 あくまで慎重に行きましょう。



女性は基本的に男性とは違うのを理解する

女性は構って欲しいのを理解する


ここでは女性は構って欲しい「構ってちゃん」と言う話でしたが、参考になりましたでしょうか。

 

男だと1人でいても、それ程は気になりません。 でも女性は「ぼっち(一人ぼっち)」なのを強く避けたがります。

 

女性が構って欲しいのは当然と理解する

だからこそ、女性に気を掛けて構ってあげられる男性はモテるのです。 そもそも女性は構って欲しいように出来ていると思う位がちょうど良いです。

 

これは少しづつ練習しかないですね。 慣れれば誰でも出来ますよ。 女性をしっかり観察して、時には気が付いた事ををメモる位の努力は必要ですけどね。

 

男だって本当は構って欲しいし認めて欲しい

女性が構ってちゃんなのは確かですが、実は男だって他人に認めて欲しいですよね。 でも、男は我慢してその気持ちを大きな声では言わないだけです。

 

でも、女性は比較的簡単に構って欲しいとアピールしたりします。 ある意味では不平等な話では有りますが、こんな不条理を飲み込んで女性を扱ってこそモテる男になるコツですよ。

 

他にも知っておきたい女性との会話のポイント

女性との会話を上達させるにはコツは有ります。 意外と当たり前の事に気付かない男が多いのです。 逆にここを知っておくと大きいですよ。

 

やっばり慣れの部分は大きいのてすが、ちょっとコツを知っておくと慣れるスピードが格段に早くなります。

 

余り肩肘を貼らずに軽い感じで女性に気を掛けてください。 変に力を入れすぎないのがコツですよ。