女性との会話 ダメな事

女性との会話を盛り上げようと空回りしてませんか

空回りする男性


女性との会話を盛り上げるのはモテる男の必需品ですよね。 楽しい会話の先には良い事が有ります。

 

でも女性との会話と言っても単に話せば良い訳ではないです。 むしろ、この5つの地雷を踏んで自爆しては逆効果です。

 

  • 自慢話
  • 説教
  • 質問攻め
  • 知ったかぶり
  • 他人を否定
  • 無関心

 

逆にここさえ気を付ければ、後は女性との会話を盛り上げるだけです。 順番にチェックして行きましょう。

 

 

余計な事を言う位なら黙っていた方が良い位ですよ。



女性との会話でダメな5つのタブー

女性との会話の5つのタブーを説明する女性


これらのタブーを避けつつ、しっかり対策すればバッチリです。

 

「自慢話」は1人上手

ついつい女性に「俺は凄い男だぞ」を見せようと自慢話をしてませんか? でも聞いている方はウンザリです。

 

自慢話をしている本人は気持ち良い。 でも厳しい事を言うと、空気を読まない自慢話は器が小さい証拠です。

 

本当に凄い人は謙虚だと女性は見抜いています。 自慢話はむしろ女々しく見えちゃうのです。

 

この距離感で「説教」かよ

相手の事を思って真剣に説教をするから心に響く。 そう思うと親には感謝ですよね。 でも親密な関係でない男からの説教はウザいだけ。

 

しかも上から目線で正論を押し付ける。 言っている理屈は分かっても、これでは女性が楽しい気分になりません。

 

話を良く聞いて相手を尊重しながら自分の意見を言う。 説教ではなく控えめなアドバイスに抑えます。 話を聞いて共感する方を重視です。

 

ここで「質問攻め」は取り調べ?

女性に「休みの日は?」「趣味は?」「好きな事は?」と質問攻めでは会話ではなく、取り調べになっちゃいます。

 

ひとつの質問をしたら「それは凄いな!」「それって難しいんでしょ?」など相づちで話を盛り上げます。 言葉のキャッチボールです。

 

女性に質問をするのは、女性が気持ちよく話せるネタ探し。 キッカケに過ぎません。 その流れで会話を盛り上げる方がよっぽど重要です。

 

「知ったかぶり」はバレてるぞ

女性が何か話した時に知ったかぶりをするのはNGです。 「俺は何でも知っている」との自慢話に聞こえるのです。 自慢話はダメですよね。

 

しかも、その話が浅いと「本当に知ってるかよ?」と嘘つき男にも認定です。 ドヤ顔で言われたら一気に冷めます。

 

むしろ少しは知ってる話でも「それ教えて!」とあえて聞く。 女性が話したそうな雰囲気を察して、素直に聞く位の方が良いのです。

 

 

5つのタブーのうち、残りは2つです。



残りの二つは女性との会話で特に重要です

気を引き締める男性


残りの二つはドキっとする人も多いと思います。 私は今でも、この2つは特に気を引き締めて注意してますよ。

 

随分と「他人を否定」するアンタは何者?

これも器の小さい男に見えるのが、とにかく他人を否定する事です。 とくに女性の話を遮って否定なんて最悪ですね。 これは説教でも有ります。

 

上司だったり芸能人だったり、とにかく他人を否定。 上から目線の否定は「そういうオマエは何者?」状態です。

 

むしろ世間で否定されている人の「意外と良い所」「ここだけは認める所」をあえて肯定する位の余裕が欲しいです。

 

でも女性が話題の人を叩くのは静観です。 そこは女性に共感しましょう。 ただしネガティブな内容なので共感は控えめにします。

 

「無関心」なら話かけて来るな

女性が話しているのに「ふ〜ん...」とか「へぇ〜...」とか低いテンションで無関心。 確実に女性に嫌われます。

 

本人はクールな男のつもりでも、女性に無関心な最低男に見えるだけ。 女性に合わせる余裕も無いように思われます。

 

関心を持っている事は態度で示す。 高いテンションで相づちを打つ。 たまに突っ込みを入れて会話を楽しみましょう。

 

女性と話す時は目の前の相手に全力で関心を示す。 その日、その場所では相手に真剣なのが男の優しさですよ。

 

 

男は余計な事を話し過ぎないで、女性に気持ちよく喋って貰うのが良いですね。



タブーを避けつつ女性との会話を全力で楽しむ

女性との会話を楽しむ男性


こうして考えてみると、女性との会話で避けるべきタブーが見えて来たと思います。 後は実際に試すだけですね。

 

でも、最後に一番重要なのは「目の前の女性との会話を全力で楽しむ」事です。 ここが全てです。

 

女性との会話を全力で楽しむ

2人で話して盛り上がる。 女性に気持ちよく話して貰うのが第一です。 その結果、相手との距離も縮まります。

 

この日、この場所で、目の前の女性とは全力で楽しむのです。 テクニックも大事ですが、目の前の相手に真剣に向き合います。

 

男が話すのは2割で、8割は女性が話す

だから男が話すのは少しで、女性に思う存分に話して気分良い状態に。 女性の気分が上がってこそ男の満足度も上がります。

 

これは下心が満載で何とかしたい「エロかわ女子」でも、「まずは女友達からの相手」でも、「本気でホレた女性」でも一緒です。

 

他にもチェックして欲しいポイントが有ります

まずは地雷を踏まないようにして、8割は女性に気持ちよく話してもらう。 これがモテる男になる最初のスタートラインです。

 

そして他にもポイントは有ります。 全てを完璧に実践なんて無理ですが少しづつ実践です。 私が気づいたコツが詰まっています。 知っておいて損は無いですよ。

それが自然に出来るようにするには練習です

それには女友達を作って、まずは女性と話す経験値を積みます。 自分から行動すれば何とかなります。 私はここから始めました。

 

私みたいに理系で男ばっかの職場にいる典型的なモテない男こそ、少しづつ女性に慣れる作戦は効果的ですよ。

 

地雷をさりげなく避ける男で有りたいですね。



関連ページ

女性との会話は他愛ない話がお互いの距離を縮める【滑らない話は不要】
女性と話す時に場を盛り上げようと「面白い話」をする必要は無いです。仲間内の飲み会と、女性と親密になりたい時は違います。 ここでは女性と親密になるトークのコツを説明します。
女性に余計なアドバイスは嫌われる! 【話を徹底的に聞くのがモテるコツ】
女性にモテるにはトークの技術を磨くのが王道ですよね。 女性との会話が弾めば距離はグッと縮まります。では、トークを磨くにはどうすれば良いのでしょうか。 プロの芸人のような面白トークは不要です。 ちょっとしたコツで差が付くのです。
女性を口説くなら二人っきりで相手をホメる 【最強のアプローチです】
シンプルで最強のアプローチが有ります。 それは「二人っきりで女性をほめる」事です。ここを面倒くさいと思ったり、変なプライドが邪魔をして、ほめられない男が多いのです。 だから素直に実行すれば効果は抜群ですよ。
自分で自信を付けてモテるコツ! 【意外と簡単なのに知らない男が多い】
積極的で自信に満ちた男性は魅力的なのでモテます。女性は本能的に引き寄せられるのが理由です。実は、そういう自信に満ちた男性になるコツが有ります。シンプルですが本能に働きかける強力なコツですよ。意外と多くの男性は知らないのですが誰でも実践できる事をまとめてみました!
女子がエッチしたい時に送る3つのサイン!【見逃すのはモッタイナイ】
女性だって「今日はエッチしたいかな」と思う時は有ります。 だから女子はさりげなくエッチしたい3つのサインを男に送るのです。逆にこのサインに気が付かないから「鈍感男」の烙印を押されてエッチもできないのです。 順番にチェックしてみましょう。
エロかわ女子をホテルに誘うタイミングはシンプル 【知らない男が多すぎ】
エロかわ女子とエッチしたい。 でも、どうすれば良いか分からない... と思ってませんでしょうか。ここでは25歳まで童貞だった私だから言える「女性を口説く方法」を教えちゃいます。 思いっきり経験が無い男向けです。