女性との会話 コツ

女性が求めるのは「楽しい会話」で「面白い話」では無い

女性は楽しい会話を求めている


女性は思いっきり笑える「面白い話」はそれ程には求めてないです。 それより「楽しい会話」を求めています。

 

この違いが分かれば女性との会話を苦手になりません。 女性との会話を盛り上げたいなら知るべきコツが有るのです。

 

「面白い話」は笑える「滑らない話」

「面白い話」とはゲラゲラ笑える話です。 面白いボケと鮮やかな落ちが必要ですよね。 いわゆる芸人さんの「滑らない話」です。

 

仲間内でワイワイするなら「面白い話」も必要です。 でも女性と一対一では不要なのです。 それには理由が有ります。

 

「面白い話」は片方だけが話す事に

「面白い話」をする男は確かに笑えるのですが、男から一方的に話す事になります。 女性は完全に話を聞くだけです。

 

これでは女性はテレビを見ているのと同じです。 しかもテレビに出る芸人ほどには笑えないのに、男が一方的に話すのです。

 

意外と「面白い話」は女性が楽しくない

余程の話術が有るなら別ですが、普通の男の「面白い話」だと女性は意外と楽しくないのです。 だから「面白い話」は無意味です。

 

無意味と切り捨てるのが言い過ぎなら、女性と仲良くなるのに「面白い話」は効果が薄いという事です。 女性が男に求めるのは別です。

 

 

無理して「面白い話」をする必要は無いのが見えて来ましたでしょうか。



女性が求めるのは「楽しい会話」です

モテる男は相手に合わせる


女性が思う存分に話せてこそ、女性にとっての「楽しい会話」です。

 

女性は自分を語りたい

会社の仕事は男社会なので女性は話を聞く方に回りがち。 話を聞かない男が溢れてます。 むしろ話を聞いてくれる男は少数派です。

 

男の友達でも意外と女性の話を聞いてません。 女性だって本当はもっと話したいのです。 女性はもっと話を聞いて欲しいのです。

 

会話が下手な男は女性の話を遮る

女性は話したいのに、会話が下手な男は、女性の話を遮って自分が話したりします。信じられないタイミングで話を横取りされて女性の気分は最悪。

 

男はついつい調子に乗って、女性の話をさえぎったりするのです。 男は場を盛り上げるつもりなのですが、女性は話す機会を奪ってます。

 

話を聞いてないのはバレる

女性が話しているのに、上の空でよそ見をしたり生返事をしたり。 話を聞いてないのはバレてます。 話を聞かない男に話しても、女性の気分は最悪です。

 

誰だって相手が話を聞いてないと気が付いたらイヤですよね。 特に女性は自分の話を聞いて欲しいのです。 女性だって気持ち良く話したいのです。

 

女性が求める「楽しい会話」を理解

話を聞かない男が余りにも多いのがリアルな現実なのです。 普段、話を聞かない男が多いので、女性の話を聞いてくれるのが女性の「楽しい会話」です。

 

女性が話すのが7割で、男が話すのが3割が理想的です。 女性は話したい。 特に異性に話したいのです。 だから女性に気持ち良く語って貰います。

 

女性が自分を理解して欲しい

男は合いの手を入れたり、適度な質問で女性の話を引き出します。 女性に思う存分に語って貰います。 話して貰う事で女性の気分が盛り上がります。

 

女性は自分が語ることで、この男性は自分を理解してくれると思い「楽しい会話」と感じるのです。 誰だって自分の話を聞いて貰えるのは嬉しいですからね。

 

 

次に女性の話を引き出す「共感」を説明します。強力なコツですよ。



女性は「共感」を求めてる

女性が求めるのは共感


女性が一番に求めてる「共感」を押さえれば、女性との会話はバッチリ。 「共感」には4つのバリエーションが有ります。

  • 賛同で女性の味方になる
  • 賞賛で女性を認める
  • 同情で女性に寄り添う
  • 心配で女性を気遣う

賛同で女性の味方になる

「それ分かるよ」「本当にそうだね」「俺もそう思う」と女性に賛同するのも共感です。 賛同によって女性の味方になるのです。

一緒に女性の立場に立って考える事ができれば賛同なんて簡単ですよ。 この賛同によって女性は気分良く話せるのです。

賞賛で女性を認める

「それ凄いね」「いや俺には無理だなぁ」「頑張ったんだね」と女性を認めるのも共感です。 称賛によって女性は認められたと感じます。

頑張っている女性は実際に魅力的ですよね。 それを素直に称賛するのです。 異性に認められるのは女性にとっても嬉しいのです。

同情で女性に寄り添う

「それ大変だよね」「それに耐えたのは凄いな」「辛かったよね」と女性に寄り添うのも共感です。 女性の苦労を良い意味で認めます。

誰だって頑張っている..なんて切り捨てずに、女性の気持ちに寄り添うのです。 さらに同情から称賛に繋げれば女性の負担を軽くできます。

心配で女性を気遣う

「それ大丈夫?」「あんまり無理しないでね」「ちょっと心配だなぁ」と女性を気遣うのも共感です。 女性が無理をしてないか気遣います。

女性は強いので男よりずっと頑張ったりします。 これを素直に心配するのです。 実際、女性は頑張り過ぎちゃったりしますからね。

 

この「共感」は女性が気持ちよく話すための強力なコツですよ。


まとめ: 女性はとにかく話したいのを理解する

モテる男の行動をする


女性に気持ちよく話して貰う事ができれば女性との会話はバッチリです。 いかに女性の話を引き出すかに徹する位でちょうど良いです。

 

目指すのは女性が話すのが7割で、男が話すのが3割です。 それには女性には徹底的に共感してくださいね。 まずは女友達で練習するのも良いですよ。

他にもある女性との会話のコツ

女性の話を引き出すコツが分かって来たら、意中の女性を口説くのにも役立ちします。 何と言っても女性は「自分を理解してくれる男性」を求めていますからね。

 

他にも女性との会話に役立つコツが有ります。 ひとつひとつは小さなコツですので簡単に読めますよ。 でも、それぞれを組み合わせると最強のコツになります。

 

女性との会話は慣れの部分が大きいので、是非とも実践を重ねてください。



合わせて読みたい

モテる男の特徴を分析するとモテるコツが分かる!【ここを真似ればモテる】
やっぱり女性にモテる男には理由が有ります。 モテる男は幼稚園の頃からモテてたりするんです。でもモテる理由を分析してみると、非モテ男でもモテるコツが有るのが分かります。 そんなコツをまとめてみました。
夏は恋人が欲しくなる!男だけでなく女性も同じ!【だからチャンスが多い】
夏になると何となくソワソワして恋人が欲しくなる。 これは男だけでなく女性も同じです。 むしろ女性の方が積極的になるのが夏の魔力です。 このチャンスが多い季節に恋人を何とかしましょう。
婚活に敗れし男にあえて言おう... 【婚活はクソだと! 失敗する理由が有る!】
婚活パーティーや婚活サイトが大盛況です。 メディアでも普通に取り上げられてます。今は婚活で相手を探すのは有りの時代ですよね。 でも、あえて言いますが「婚活はクソ」です。それには理由が有るのですが...
焦って相手を探すメリットとデメリットを考える!【今からでも挽回できます】
親からは、そろそろ家庭を持てとプレッシャーを掛けられる。 自分自身でもそろそろ落ちついても良いかな...なんて考える。そりゃ恋人でもいるなら、そろそろ将来の事を考えるのも有りです。 でも恋人がいないなら、焦って相手を探す前に、落ち着いて考える事が有ります。慌てて相手を探すのはメリットとデメリットが有ります。
モテない男は何か諦めている?【往生際がよくイイ人ぶるのは止めるべき】
本当はモテたいと思っていませんか? でも「自分はモテない男」と諦めてませんか? そうは言っても素敵な女子とエッチな事をしたり、幸せな家庭を築きたいと思ってたりもしますよね。 それなら諦めるのは早い、今できる事から始めるべきです。 急にモテる男にはなれなくてもモテない男を脱出する事は出来るのです。
クリスマスにやることない? 意外とチャンス!【男1人なら動きやすい】
クリスマスにやることが無いと感じているなら、今からでも出来る事を探してはどうでしょう? なんと言っても男1人ならフットワークも軽くて動きやすいですからね。 オススメのやることをピックアップしています。でもクリスマスまで時間が有るなら諦めるのは早いですよ!
男だって寂しい時は有る!【その過ごし方で男として成長できます】
誰だって寂しい時は有りますよね。 この寂しい時の過ごし方で男として成長するかが決まります。 逆にいえば、寂しい時は男にとって成長するチャンスなのです。時には落ち込んで寂しいと感じるのは、実は良い事なんです。 寂しい時の過ごし方をチェックしてみてくださいね。