モテるには女性との会話で「いじる」のは慎重に!

会話の中で「女性をいじる」のが良いと思ってませんか?

モテない男は余計な事をする


女性との会話の中でちょっとした悪口を混ぜて「女性をいじる」のは、「ネグ」とも呼ばれる会話テクニックです。

 

でも「女性をいじる」は使い方を間違えると逆効果。 むしろ、女性との距離は離れて行きます。 非モテ男に一直線です。

 

その理由を理解すれば、もっと自分に合う会話術が見えて来ますよ。

 

 

一見すると良さそうなイジリに罠が潜んでいるのです。



女性をいじるのが効果的な場面も確かに有りますが

イジリが効果的な場面も有る


「君かわいいね。俺はタイプじゃないけど。」「そのメイク似合うな。ちょっと厚いけど。」

 

女性がすねたり驚いたら、すかさずフォロー。 女性をいじるのは、こんな感じで使うと思います。

 

女性をいじるのはホストやナンパ師なら効果的

女性がある程度は食い付いた場面で、あえて突き放す。 女性を揺さぶる訳です。 女性はをいじるのは、タイミングよく使えば実に効果的です。

 

女性の気分を少し悪くしたと思ったら、その後のフォローで良い気分にさせる。 女性の感情を揺さぶるテクニックです。

 

イケイケで女性に接するホストやナンパ師だからこそ、実に効果的なテクニックなのです。 でも普通の男には使えません。

 

キャバ嬢なら簡単にネグれる

キャバ嬢なら男にいじられて拗ねて、男にフォローさせるのはワンセット。 多少、使う場面が違っても盛り上げてくれます。

 

あなたがキャバ嬢をいじるのは通常運転で、楽しそうに拗ねたり怒った振りをしたり。 良い気分にさせてくれますが完全に接待ですね。

 

キャバ嬢はプロなので、素人のいじるのを軽く受け流す。 あるいは表面上は聞いていても完全に無視です。 会話を繋いでいるだけです。

 

女性をいじるのは男が主導権を握る会話テクニック

ホストやナンパ師が女性のプライドを折って、優位に立つのに使う会話テクニックが「女性イジリ」です。 気が弱い女性はこれで落ちます。

 

自分に自信が無い女性なんかも簡単に落ちます。 だからこそ、いじるのが一部の男性では有効なテクニックして使われています。

 

キャバ嬢の場合は自分から合わせてるだけです。 普通の男性はここが重要なのですが、実は女性イジリでは、女性との距離は縮まらないのです。

 

 

ホストやナンパ師でもない限り、女性イジリをしても良い事は無いのです。



女性イジリをしても実は意味が無い

女性イジリに意味は無い


女性をいじってると会話が盛り上がっているようにも見えます。 でも女性との距離は縮まらないです。

 

実は、女性をいじるのは表面的なコミュニケーションで、挨拶みたいな物に過ぎないのです。

 

いじるのに乗ってくれる女性なら少しは良いけど

男に合わせてくれる女性なら少しはマシです。 でも、話に乗っかってくれない場合、女性はイジられて不快になるだけです。

 

完全に空気も悪くなります。 その内、女性が本気で怒りだしたりしますからね。 女性が合わせてくれないと地獄です。

 

その時点ではフォローしても無駄です。 この女性には冗談でも、いじるのはダメだった... と後から気が付いても、時すでに遅しです。

 

いじるを重ねてもお互いの理解は深まらない

実はいじるのを積み重ねても、お互いの事は少しも理解が進まないのです。 いじるのは信頼関係が有ってこそ成立する挨拶みたいなものですからね。

 

女性より優位に立つホストで有れば、女性をいじる事を掴みにして、距離を詰めて行けます。 でも普通の男性では発展が無いです。

 

相手の女性が場を盛り上げてくれるタイプだと分かっている場合だけ、女性イジリをするべきです。 距離を縮める技ではないです。

 

女性をいじるのは意味が無く、もっと重要な事が有ります

会話の糸口で軽くいじる位は良いですが、もっと重要な事が有ります。 女性は「私を理解して欲しい」のです。

 

非モテ男はここを誤解しています。 女性をイジっている場合では有りません。 とにかく女性を理解して共感するのが重要です。

 

特に相手との距離を縮めたいなら、なおさらの事です。 まずは全力で、相手の女性に対して共感する事を考えましょう。

 

 

イジリより、もっと大切な事が有るのてす。



女性は「私を理解して欲しい」と強く思っています

自分を理解して欲しい


女性は芸能人のゴシップや愚痴が大好きです。 女子会では定番のネタですよね。

 

でも、実はもっと好きで求めているのが「私を理解して欲しい」と言う事なのです。

 

実は女性の友達同士でも「自分語り」は余り言えない

ゴシップや愚痴は言いやすいですが、自分自身の事は言いにくい。 相手に気を使っちゃうのです。 女性は場の空気を壊すのを極端に嫌います。

 

女性は場の空気を盛り上げて、仲良くなる事を重視します。 でも、場の空気を読み過ぎるからこそ、普段は言えない事が有るのです。

 

女性は「自分語り」を望んでいます

女性は占いも大好きですよね。 未来を知りたいのも有りますが、女性は自分自身について聞いて、それを深く語りたいのです。

 

本当は自分の事を語りたい。 そして、自分の事を理解して欲しいのです。 それを男性にこそ求めるのは自然な事ですよね。

 

だから女性の話をしっかり聞くのが効果的なのです

女性イジリをしている場合じゃない。 他愛のない話をしながらしっかりと女性の話を聞くのが重要なのです。

 

 

女性イジリの腕を磨く必要は無いのです。



後は経験を積みながら自分に合う会話術を磨きます

後は経験を積むだけ


女性をいじるのは最初のつかみに使う程度。 女性の話をじっくり引き出すのに集中しましょう。

 

後は経験を積む事でモテる男への道に繋がりますよ。

 

最初は女友達を作る所が簡単

いきなり女性を口説くのはハードルが高いですよね。 だから女友達を作りながら会話を磨くのです。
まずは女友達を作る所から始めるのが簡単

 

他にも有る女性との会話で大事なポイント

一つ一つは小さなポイントで、ちょっとしたコツです。 興味が有ればチェックしてみてくださいね。
女性との会話で大事なポイントを押さえるのがモテるコツ