女性 褒める コツ

女性を褒めるコツを知れば最強

モテる男は相手に合わせる


女性との距離を縮めるシンプルで最強のアプローチが有ります。 それは「二人っきりで女性を褒める(ほめる)」事です。

 

でも無闇に褒めては逆効果になる事も。 さりげなく上手に褒めるにはコツが有ります。 正しく女性を褒めると効果は抜群ですよ。

 

 

女性は褒めて欲しい理由が有ります。 理由が有るから最強なのです。



女性を褒めるのが最強な理由

女性は認めて欲しい


正しく女性を褒める事で、女友達から彼女にステップアップしたり、盛り上がって流れでエッチできたりします。

 

まずは褒めるのが効果的な理由を説明します。 褒めるのは女性だけでなく男性にも使える会話のテクニックですよ。

 

人は誰でも他の人に認めて貰いたい

褒めるのは相手を認める事です。 女性ならセンスや価値観を褒められるのは嬉しいです。 美貌やスタイルを褒められれば気分も上がります。

 

男性だって仕事や価値観を褒められると嬉しいです。 褒めるのは相手を認める事。 誰だって認められたら嬉しいのは当然ですよね。

 

冗談まじりにコツコツと褒めると距離が縮まる

細かいジャブを打つように会話の流れでコツコツと褒めるのが重要です。 心理学的にも細かい「褒め言葉」を重ねる事で好感度が上がる事が立証されています。

 

はたから見るとアホみたいな「褒め言葉(お世辞)」でも、言われた本人は「まんざらでもない良い気分」になるのです。 コツコツと褒めるのを積み重ねて行くのが効果的なのです。

 

褒めてくれた人には好感を持つ

褒める事で、相手の女性は「この男性は私の事を分かってくれる」と思います。 上司だって褒められたら「こいつは見る眼が有るから出世させよう」と思うわけです。

 

ただし女性の場合は周りの目を気にしますので、褒めるのは二人っきりの時に限定します。 二人っきりの会話で褒めるなら、女性も安心して舞い上がれるのです。

 

 

褒めるのは相手を認める事。 認められれば誰でも嬉しい。 だから最強のアプローチなのです。



女性との会話で褒めるコツ

女性を褒めるポイントはいろいろ


職場で上司を褒めるのは周りの空気を読む力も必要です。 でも、女性を二人っきりで褒めるなら相手だけ見れば良いので楽です。

 

それに女性は、ありとあらゆる事が褒める対象です。 具体的に女性を褒めるコツを説明します。

 

女性の先っちょを褒める

ネイルだったり指輪や靴だったり、女性の身体の先っちょを誉めるのがコツです。 体の先端と言うのは女性も力を入れてます。

 

でも、ついつい顔や髪に目が行くので、忘れられやすい場所でも有ります。 会話の流れで先っちょのセンスも一緒に褒めるのもコツなのです。

 

 

そのネイルかわいいね


 

その指輪、細くてカワイイ


 

意外性を褒めるのもポイント

女子っぽい服装だけど意外と知的な感じを探して褒める。 落ち着いた雰囲気だけど意外とセクシーな印象を褒めたりするのです。

 

会話の中でストレートに第一印象を褒める方法も有りますが、ちょっと外した意外性を褒めるのが効果的なのです。

 

 

何か知的な感じが良いね


 

大人のセクシーさがにじみ出てるね


 

女性の努力を見逃さないで褒める

仕事でも趣味でも本人が努力している姿を誉めるのは効果的。 女性との会話の中で努力を認めてあげるのです。 認められると嬉しいのは当たり前です。

 

それに努力を認めると言うのは、その人そのものの存在を認める事でも有ります。 見ためを褒めるのと別の次元で大きな効果が有ります。

 

 

そういうの出来ない人が多いのに凄い


 

なかなかその努力はできないよ


 

 

女性を褒める根底に有るのは「頑張る女性は美しい」という敬意です。 そこを素直に認めてこそ距離が縮まります。



褒めるのと一緒に好意を伝えるのも忘れない

焦る必要はない


女性との会話で褒めながらも、自分の好意もさりげなく伝えるのもポイントです。

 

相手の良い所を見つけて褒めると言うことは、相手に好意を持っているという事。 その好意を褒めるのと一緒に伝えるのです。

 

外見を褒めるなら「かわいい」と言いつつ好意を伝える

「〇〇ちゃんはネイルがカワイイね。オレはそういうの好きだよ。」とさりげない会話の中で好意を伝えます。

 

自分はそこを気に入って好きである事を伝えるのです。 その女性そのものが好きな事を、少しポイントを外して好意を伝えるのです。

 

努力を認めつつ好意を伝える

「そういうのって簡単にはできないよ。オレは○○ちゃんのそういう所を尊敬しちゃう。」とさりげなく持ち上げちゃいます。

 

単に好意を持つだけでなく、相手を尊敬して認めている。 リスペクトの気持ちで相手に接している事を伝えます。

 

口説きたい女性の魅力を素直に言う

実は余り計算しなくても、相手の良い所を本心から褒めるのも有りです。 そうすれば自分自身も楽しくなりますよ。

 

外見を素直に褒めたり、努力を褒めたり、相手の良い所を素直に褒めるのです。 その女性の魅力を再認識できて自分の気分も上がります。

 

 

女性との会話では素直に好意を伝えて、それが結果として褒める事になるのがベストですね。



女性を褒める事で次に繋げましょう

経験を積めば狙った女性を誘える


最初のうちは上手く褒められなかったりしますが、慣れれば簡単ですよ。 女性の話をじっくり話を聞きながら相手を褒めるだけです。

 

特にお酒が入ってくれば、内容よりノリで褒めるのがコツですからね。 内なる野望は胸に秘めておきます。

 

2人で盛り上がって来たらホテルに誘うのも男子の仕事

女子を褒めつつ盛り上がったのなら、そのまま流れでホテルに行くのも有りです。 でもホテルに誘うのは男の役目ですよ。 男のマナーでも有ります。

 

と言っても余り難しく考える必要は無いです。 タイミングを見てホテルに誘えば良いだけです。 意外とシンプルな法則が有りますよ。

女友達を作ってから二人っきりで褒めるのも有り

最初は女友達を作る所から始める手も有ります。 焦らず少しづつ経験を積む方法です。 女友達を作れば女子を褒める練習にもなりますからね。

 

女友達との会話でも多くの事を学べるので、男として成長するチャンスでも有るのです。 世の非モテ男はここをサボっているので、女友達は一歩抜け出すチャンスでも有りますよ。

簡単に口説ける女子を狙い打ちする

普通の女子は簡単にホテルに行けないけど、簡単に口説ける女子はいます。 そういう女子を探しながら経験を積むのも有りですよ。 エロかわ女子を狙い撃ちするのです。

 

エロかわ女子なら確かに簡単に口説けるかも知れませんが、その経験だって男としての大きな自信になります。 非モテ男こそ積極的に狙うべきなのです!

 

とにかく女性の話を聞く。 数をこなせば誰でもできます。 これがモテるコツなんです。



合わせて読みたい

女性との会話は他愛ない話がお互いの距離を縮める【滑らない話は不要】
女性と2人で会話する時に場を盛り上げようと「面白い話」をする必要は無いです。 笑いを取るネタは必要ないのです。 実は他愛のない話で十分です。 話のネタに頭を悩ませる必要なんて無いですよ。しっかりポイントを押さえれば、何てことのない他愛のない話で十分なのです。 大人数の仲間で盛り上がる時と、2人で女性と親密になりたい時は、求められるトークの内容は違います。 むしろ何て事はない話こそ大事なのです。 ここでは女性と親密になるトークのコツを説明します。実は何て事はない他愛の話をしながら共感するのが重要なのです。
女性との会話を盛り上げるコツ 【話を徹底的に聞くのが全て】
女性にモテるにはトークの技術を磨くのが王道ですよね。 女性との会話が弾めば距離はグッと縮まります。では、トークを磨くにはどうすれば良いのでしょうか。 プロの芸人のような面白トークは不要です。 ちょっとしたコツで差が付くのです。
女子をエッチに誘うべき3つのサイン!【見逃すのはモッタイナイ】
女性だって「今日はエッチしたいかな」と思う時は有ります。 だから女子はさりげなく「エッチに誘って欲しい3つのサイン」を男に送るのです。逆にこのサインに気が付かないから「鈍感男」の烙印を押されてエッチもできないのです。 ここをチェックすればバッチリですよ。
女性との会話に失敗しないコツ!【5つのありがちなNGを避ける】
女性との会話を盛り上げようとして、ついつい空回りをしていませんか? 沈黙に耐えられずに、女性と単に話せば良い訳ではないです。 むしろ、女性との会話で避けるべき「5つの失敗パターン」は何としても避けるべき。 この失敗パターンを知るのが、女性との会話の最低条件です。
女子をホテルに誘う言い方はシンプルが一番! 【知らない男が多すぎ】
エロかわ女子とエッチしたい。 でも、どうすれば良いか分からない... と思ってませんでしょうか。ここでは典型的なモテない男の私でも出来た「女性を口説く方法」を教えちゃいます。以前の私のようにモテないけどエッチしたい男性にこそ知って欲しいです。思いっきり経験が浅い男向けです。
モテるための筋トレはシンプル! 【初心者は頑張り過ぎない位が良い】
筋トレをするとモテるのは事実です! ちゃんとモテる理由が有ります。 ここでは初心者でも出来る筋トレのメニューを紹介します。 またモテるためだけに自宅で筋トレしたい初心者の男性に向けた情報をまとめてみました。 もちろん本格的にトレーニングするならジムに行った方が良いです。 モテたい男性に向けたページです。