話を聞かない上司 対処

人の話を聞かない上司の特徴

残念な上司もいる


人の話を聞かない上司っていますよね。 人の話を聞かない上司には周りが困り果てています。 本当に深刻です。

 

ここでは話を聞かない上司の特徴と、その対処策について説明します。 少しでも今を切り抜けるヒントになれば嬉しいです。

 

話を聞かない上司は部下をナメている

話を聞かない上司は相手によって、あからさまに態度を変えます。 自分より上には良い顔をしても、部下の話は聞きません。

 

例え経験がある部下だったり年上の部下でも、相手が部下で有れば思いっきり下にみるのです。 部下から学ぶ気はゼロです。

 

部下の話を思いっきり遮る

話を聞かない上司は、部下が話している最中に話を遮って自分の話をします。 「それは〇〇だろ」なんて言う割りには的外れ。

 

人の話の腰を折る割りには、的外れな話をして脱線するのです。 部下の話をじっくり聞けない器は上司としては最悪です。

 

プライドが高いので謙虚になれない

自分は昇進したから実力が有ると勘違いしてプライドが高いのです。 周りに助けられて昇進できたなんて気持ちは皆無です。

 

話を聞かない上司には謙虚さの欠片も無いのです。 実は部下をコントロールするので精いっぱいで余裕が無いだけです。

 

上司という立場上はプレッシャーも有る

上司という立場上、会社からはプレッシャーも掛かります。 それ相応の実力が有れば良いのですが、人望もスキルも無いと最悪。

 

たまたま運よく昇進した上司だと、部下を何とか動かして成果を出そうと焦ります。 そして部下の話を聞く余裕が無いのです。

 

頼れる上司とは正反対なのも悲惨

頼れる上司で有れば、良い意味で開き直っているので、部下の話を聞く余裕が有ります。 周りの意見を取り入れて行きます。

 

でも話を聞かない上司は、開き直る度胸も無いのです。 そして自分の考えに固執して、頼れる上司とは正反対なので悲惨です。

 

 

こんな話を聞かない上司だと部下は苦労します。 でも対処策は有りますよ。



自分を「自分を正義の味方」だと思い込んでる上司は最悪

話を聞かない上司は自分を天使だと思う


話を聞かない上司に有りがちなのが「自分を正義の味方」だと思い込んでるパターンです。 自分を神か天使だとでも思っているのでしょうか。

 

自分を正義の味方なので自分が正しい

部下が何か提案しても自分の思い付きの方が正義なので、部下の話は全否定。 客だってこう考えるはずと、自分の思い付きで話を進めます。

 

本人は正義感のつもりでも、人の話を聞かないのでズレまくり。 視野が狭いので偏った考え方で固まってます。

 

間違った正義感から他人を攻撃

しかも、その間違った正義感から自分に反するアイデアは徹底的に攻撃。 マウントを取ってドヤ顔。 なぜ無駄に喧嘩を売るのか理想に苦しみます。

 

きっと、相手が部下なら反抗されないからでしょうね。 部下を必要以上に揶揄したりバカにしたり。 ここでは冷静に対処するのが大事です。

 

感情的に反撃してはダメ

アイデアを攻撃しながら部下の人格も攻撃。 それに逆らって揚げ足を取ろうものなら、マイナス査定や左遷で仕留められるだけです。

 

話を聞かない上司でも、上司なので権限は有ります。 その時の気分で感情的に反撃するのは絶対にダメですよ。 冷静に対処します。

 

冷静に対処するのが最高のトレーニング

こういう「自分を正義の味方」と思って話を聞かない上司は、正面から衝突しないで少しずつ話を通すしかないです。

 

自分を成長させる最高のトレーニングです。 自分を成長させるトレーニングだと思えばこそ冷静に対処できますよ。

 

 

話を聞かない上司への対処策も知っておいて損は無いですよ。



人の話を聞かない上司への対処策

しっかり対処すれば成長するチャンス


何より話を聞いて貰えない事には仕事は進まないので深刻です。 では話を聞かない上司の対処策を説明します。

 

上司という立場に敬意を払う

例え話を聞かない上司で有っても、上司という立場に有るのですから敬意は払います。 それ相応の責任と権限は有るのですから。

 

敬意を払い上司のプライドを満たしてあげるのです。 上機嫌になって頂ければ話を聞いて貰えるチャンスは増えますよ。

 

分かりやすく話を伝える訓練

話を聞かない上司に自分の話や意見を伝える。 これはハッキリ言って難題です。 でも自分のスキルを上げる最上の訓練です。

 

話を聞いてくれない相手でも、相手の話を聞いて臨機応変に対応する訓練です。 このハードルを越えたら間違いなく成長できます。

 

まず結論を伝える

最初に結論を伝えます。 これは忙しい相手に話を伝える原則です。 話を聞かない余裕が無い上司にも使えます。

 

まず結論を伝えて、つぎの理由を説明します。 そして最後にまた結論を伝えるのです。 こうしたスキルが財産になるのです。

 

あえて質問させる余地を残す

こちらから一方的に話しても伝わらない事が有ります。 だから最初に話した後、理由を説明する時に質問の余地を残します。

 

あえて相手に突っ込みを入れて貰う事で理解力が高まるのです。 相手に主導権を握らせたと錯覚させてプライドを刺激するのもコツです。

 

難しい相手と話せる実力を付ける

話を聞かない上司には皆が困っています。 でも、その上司に話を通せるようになれば周りからの信頼も上がります。

 

厄介な相手とも交渉できる実力も付くのです。 ある意味、自分が成長するチャンスです。 チャンスを活かさないとモッタイナイですよ。

 

 

そして話を聞かない上司は反面教師にもなります。 ある意味ではチャンスです。



話を聞かない上司と同じ間違いをしない

自分は同じ罠に落ちない


人の話を聞かない上司には多くの問題が有ります。 それを反面教師にして、同じ間違いをしないのも重要です。

 

部下は皆ウンザリしてる

何といっても話しても会話にならないのですから部下はウンザリしてます。 話を聞かない上司のせいで仕事も進みません。

 

上司が自らブレーキを掛けて仕事を止めているのです。 あなたの部下には同じ気持ちにさせたく無いですよね。

 

実は自信がないので話を聞けない

話を聞かない上司は自信が無いので、部下の意見を取り入れる勇気が無いのです。 良い意味で開き直れないのです。

 

自分が1人で出来る事なんて、たかが知れてます。 部下の力を引き出してこそ仕事は回るのですから、良い意味で開き直りましょう。

 

話を聞かない上司はモテない

年収も地位もある上司なのに、話を聞かないタイプは女性に人気がなくモテなかったりします。 話を聞かないのですから当然ですよね。

 

家庭を持っていても、妻や子供の話を聞けないようでは家族はウンザリ。 話を聞かない上司が独身なのも当たり前です。

 

女性は敏感にダメな上司を察知

女性は敏感なので運だけで出世して空っぽな上司を見抜きます。 偉そうにしてるのに仕事が出来ない上司を見破るのです。

 

話を聞かない上司も、上には調子よくアピールします。 だから偉い男達は気が付かないのに、女性は見抜くのです。

 

話を聞かない上司は良いトレーニング

そして話を聞かない上司に対して、うまく対応すれば女子達の間でも株は急上昇です。 自分の実力も付くので最高のチャンスです。

 

相手の話を聞かない相手でも余裕を持って対応するのは、女性を相手にしても余裕を持って接する良いトレーニングなのです。

 

逆に言えば女性に接するのも良いトレーニング

逆に言えば、話を聞いてくれない女性や、気まぐれな女性に合わせる事が出来れば、話を聞かない上司にも対応できます。

 

女子を口説く事が出来れば、上司を口説く事なんて簡単! 意外な所で両方とも良いトレーニングとして繋がっているのです。

 

話を聞かない上司と出会ったのは幸運

これが話を良く聞いて頼れる上司だったりすると、自分が成長するチャンスを逃す事になったりします。 頼りない上司だからこそチャンス!

 

もちろんキツい事も有るとは思いますが、チャンスと思って楽しめれば気持ちも楽です。 上司なんて選べないのですからチャンスと思って活かしましょう。

 

 

難しい上司と交渉が出来るなら、女性を口説くなんて簡単です。 話を聞かない上司で良かったと思えますよ。