エンジニア 出会い

エンジニアの男は出会いがない

技術職の男だって出会いを増やせる


技術系の職場にいると本当に出会いのチャンスが無いですよね。 ここ最近ろくに女性と会話した覚えが無い人も多いと思います。

 

そもそも女性と出会う方法はシンプルです。 エンジニアの男だって必ず自分に合う方法が有ります。

 

ひとつひとつをチェックして行けば簡単ですよ。 なんたってエンジニアは分析と対策は得意ですからね!

 

 

多くの男性は何もしてないだけ。 何か一つでも出来る事から始めれば大きな一歩です。



出会いの多い職場にはパターンが有る

出会いが多い職場には特徴が有る


まずは自分の職場を改めて見直しましょう。 出会いが多い職場にはパターンが有るので自分の職場をすぐチェックできます。

 

男女のバランスが良い

当たり前ですが男性だけの職場だったり、女性だけの職場では異性との出会いは無いですよね。 男女のバランスが良い職場は出会いが多いです。

 

ポイントは独身の男女のバランスです。 既婚者は男女のバランスは偏っても大丈夫。

 

エンジニアの職場でも独身の異性がいるならチャンスは有ります。

 

職場の雰囲気が良い

ブラック企業で皆が過労死寸前で働いていては出会いなんて無いですよね。

 

逆に暇すぎて皆が白けてしまっている職場も雰囲気は良く無いです。

 

ある程度は仕事が大変でも、皆で団結して頑張れている雰囲気がベストです。

 

結束力が有る職場なら自然と人との距離も縮まりますからね。

 

社員同士の交流が活発

普段の職場に異性がいなくても出会いは有ります。

 

エンジニアでも隣の部署に異性がいて社員同士の交流が活発なら出会いのチャンスは有るのです。

 

お花見や餅つきをしたりスポーツイベントが有るなら参加するのも良いですよ。

 

なんたって同じ会社なら話題は尽きませんからね。

 

思い切って転職する手も有るけど

出会いを目的に転職する男性は少数派です。 やっぱり職場や仕事に不満が有って転職するので、異性との出会いなんて二の次だからです。

 

でも、転職が出会いの転機になる男性は多いですよ。 環境が変われば気持ちが切り替わりますので、転職の予定が有るなら次に期待です。

 

職場に出会いが無いなら社外を考える

ここまで全てが該当しないなら、きっと社内での出会いは難しいでしょう。

 

それに社内だと慎重に行動しないと何かと問題になりがちです。

 

だから最初から職場は外して、社外の出会いを考えるのも有りですね。

 

社外ならエンジニアでも選択肢も多いので一つ一つチェックしましょう。

 

 

もちろんエンジニアでもチャンスは皆無ではないですが、技術系の職場では出会いが有るのが少数派なのが現実です。



エンジニアの男性は本気の相手として人気

技術職は本気の相手としては人気


ここでエンジニアの男性に少し朗報です。 実は技術系の男は将来を考える本気の相手としては人気なんです。

 

エンジニアというと女性に消極的なイメージ

女性に消極的だと、交際相手としてエンジニアの男がモテない面は確かに有ります。

 

でも、本気の相手となると話は別です。 遊び慣れている文系より理系が人気なのです。

 

女性に消極的でも家庭を大事にする安心感が有る。 これは女性にとっては大きな魅力!

 

技術職の男性を求めている女性は確実にいます。 こう考えると出会いが無いのは実にモッタイナイ。

 

勉強好きなのも良いイメージ

エンジニアの仕事をしていると、勉強のために専門的な本を読むのは普通です。

 

もちろんコンピューターも勉強して、普通に使いこなしています。

 

女性にとっては、社会人になっても勉強して自分を高める努力をする男性は魅力的です。

 

意外な所でも女性はエンジニアの男を認めてくれているのです。

 

手に職が有るので仕事に困らないイメージ

技術職で有れば手に職が有るイメージです。 会社に何かあっても、手に職が有れば転職も出来そうです。

 

女性からみると、そういう頼りになるイメージなんです。

 

実際にそうそう転職が出来るか現実は人それぞれです。

 

でも、何も技術が何も無い人に比べれば、転職し易いの確かでしょうね。 女性はそこを見ています。

 

もちろん全てがイメージどおりとは限らない

もちろん全ての男性がイメージどおりかと言うと、そうでも無かったりします。

 

エンジニアでも勉強嫌いで、転職できるか怪しい人もいるでしょう。 でも女性から見たイメージが重要なのです。

 

いくつかでも女性の技術職のイメージに合致していれば、女性からみて大きなポイントですよ。

 

だから、エンジニアの男性は女性から意外と求められているのです。

 

 

実は女性から求められているのですから、エンジニアの男性に出会いが無いのは実にモッタイナイ。



女性と出会うにはコミュニティーに参加する

今の環境から脱出


もし牢屋に閉じ込められてたら出会いなんて無いですよね。

 

だから出会いを増やすなら牢屋のような環境から出て別のコミュニティーに参加します。

 

コミュニティーに参加すれば出会いは増える

学生の頃はクラスに女子が普通にいましたよね。 そして部活も有ればバイトも有ります。

 

学生は実に多くのコミュニティーに参加していました。 特に女性はコミュニティーに参加するのが大好きです。

 

だからエンジニアの男性もコミュニティーに参加すれば、出会いは自然と増えます。

 

趣味の集まりやイベントに参加する

趣味や習い事の集まりも、もちろんコミュニティーです。 英会話やランニングだったり、探せばいろいろ有ります。

 

ランニングなんて意外と間口が広くて、仙人のようにストイックに走る集団もいれば、

 

健康目的で走る仲間もいれば、飲み会ばかりの社会人サークルも有りますよ。

 

行きつけの定食屋や飲み屋も有り

普段、通っているようなお店で常連同士が仲が良いので有れば、それもコミュニティーですね。 異性にこだわる必要は無いです。

 

気が利いたお店はバーベキューなんかのイベントを開催したりします。 そういったイベントに乗っかれば出会いは増えますよ。

 

コミュニティーを楽しむのが基本

趣味など全てのコミュニティーで同じなのですが、余り異性にガツガツしていると嫌われます。

 

あくまで出会いはオマケ(でも抜け目なく)という姿勢が大事です。

 

そのコミュニティーそのものを楽しんで、同性の友人も増えるのが理想です。 友人が出来れば自然と異性との出会いも増えます。

 

 

技術職の男性でも英会話やランニングの集まりに参加する人は多いですよ。



集団が苦手なら緩いコミュニティーを選ぶ

緩いコミュニティーなら気軽に参加できる


自分に合うコミュニティーが分からない。 そもそも集団が苦手なら別の方法を選びます。

 

技術系の男性はコミュニティーが苦手

そもそもエンジニアの男はコミュニティーが苦手だったりします。 集団の中で盛り上げたり、皆を引っ張るのは文系の得意分野です。

 

でも女子と出会うにはコミュニティーが必要。 コミュニティーが苦手だけど、出会いには必要なのです。 この矛盾を解決する方法が有ります。

 

今は普通にマッチングサイトが使える

ネットでの出会いと言えば「出会い系」です。 これだってコミュニティーです。

 

最近では「マッチングサイト」とか「恋活サイト」なんて呼ばれています。

 

「出会い系」なんて言うとイメージは悪いですが、今でいう「マッチングサイト」なんて普通の女性が普通に使っています。 立派なコミュニティーなんです。

 

多くの人が集まり住み分けてる

今でもマッチングサイトで割り切りの「ダークな出会い」を求める男女もいます。 でも普通の男女が増えて急激に変わって来ました。

 

多くの人が普通に参加した結果「ダークな出会い」と「普通の出会い」は完全に住み分けが出来ています。

 

気軽にネットで目的にあう出会いを探す

スマホが急激に普及した結果、気軽にネットで目的の出会いを探せます。

 

恋人探しをする人もいれば、趣味の仲間を探す人もいます。

 

特に女性はSNSの延長と言う意識で、ネットでの出会いを気軽に使ってます。

 

女性は好奇心が強いですし、新しい事にも順応するのが早いですからね。

 

マッチングサイトもコミュニティーのひとつ

まずは女友達を作る位から始めるのが簡単ですよ。 余りガツガツしない方が楽なんです。

 

これならハードルはぐっと低くなります。 軽い感覚で、飲み友達やメシ友達を探すのなら、焦らないで済みます。

 

マッチングサイトもコミュニティーなので、参加の仕方で変わるのです。

 

もちろん悪徳サイトには要注意です

残念な事に悪質なマッチングサイトも有ります。 悪質なサイトはバイトの女性を使って、男性から利用料を巻き上げます。

 

特にアダルトサイトでエロい広告が載っているサイトは危険ですね。 「完全に無料!」なんて甘い言葉に騙されると痛い目に会います。

 

普通の女性が普通に使うマッチングサイトを選ぶ

マッチングサイトで普通の出会いを求めるなら、「普通の女性が集まる手堅い定番サイト」を選ぶのがポイントです。

 

女性が安心して使えるサイトです。 ここではタイプが違う2つのマッチングサイトを比べてみました。

 

どちらも特徴が有りますので目的に合わせて選べます。 マッチングサイトをうまく使うコツも有りますよ。

 

マッチングサイトをコミュニティーのひとつとして上手に活用します。



技術職はコンプレックスを持っている

技術職の男はモテないと言う思い込みが有る


技術職の男はモテないのは仕方が無いと諦めている面も有りますよね。

 

女性にモテるのは文系

技術職は理系なので学生の時から、女子がグッと減ります。 高校の時も共学なのに、理系は男子クラスだったりしますからね。

 

そして文系にコンプレックスを持ちます。 文系は普通に女子も多いので、女子と話すのに慣れています。

 

そして理系は女子に慣れてないからモテないと思い込んでいます。 文系には適わないと諦めているのです。

 

エンジニアの男は理系でシャイ

文系の男子は率先してバカになって、場を盛り上げたりします。 逆に理系は場を盛り上げるより、静かに語るのが好きだったりします。

 

理系は地味になりがちなのです。 確かに技術職でバリバリの理系は地味でシャイです。

 

しかも理系の周りは理系なので、そのまま地味なキャラクターが定着してしまうのです。

 

エンジニアの男はモテない悪循環

こうして技術職の男は理系としてモテない悪循環にハマるのです。

 

実際は全ての理系男子が一生独身な訳でも無いです。 ちゃんと相手を見つけています。

 

でも多くの技術職の男はモテないまま相手もいない。 そんなモテない状態に慣れてしまうのが問題なのです。

 

実際は理系だってモテたいのに、モテない罠にハマっています。

 

 

エンジニアの男がモテない原因は根が深いのです。 でもチャンスは有ります。



エンジニアの職場の現実を知るべき

技術職の男だって今を変えられる


あなたの周りは誰も本当の事を言ってくれないと思います。 だから、少しだけ耳の痛い話をします。

 

出会いの多い職場であれば苦労はない

独身の男女が沢山いれば、その中に相性の良い異性は普通に現れます。 職場の雰囲気が良く結束力が強ければ尚更です。

 

でも、そんな職場だったら苦労は無いですよね。 正直な話、技術系の職場では恋愛すら難しいのが現実です。

 

でも技術職に出会いが無いのは環境だけが原因ではないです。

 

技術職の男性は自分の世界に閉じこもる

技術職の男性はついつい自分の世界に閉じこもって、他人とのコミュニケーションが少なくなってないでしょうか。

 

仕事や趣味に没頭するのに満足してしまっています。 職場のイベントだって有るし、趣味の集まりも有ります。

 

それすら参加しないで自分だけの世界にいたら出会いなんて無いです。 自分で機会を作らないと出会いなんて無いのです。

 

女性との出会いはシンプル

シンプルに多くの女性と会って、相性の良い相手を探す。 女性との出会いは、このシンプルな流れ尽きます。

 

もし、あなたがイケメンでお金持ちなら打率は上がります。

 

でもイケメンじゃない普通の男でも、相性の良い女性はいるものです。 多くの出会いの機会を作れば出会いは増えます。

 

もし打率が低いなら多くの女性に会えば済む話てなのです。

 

多くの技術職の男は何もしない

それなのに、自分から行動しない技術職の男性が多いのです。 まったく女性と出会う機会が無いなら、打率も何もゼロのままです。

 

何もしなければ来年も再来年も変わる訳が無いです。 ある日、突然、素敵な女性が目の前に現れる奇跡なんて無い。

 

論理的な思考が得意なエンジニアなら、それが分かっているのに何もしないのです。

 

ネットなら簡単に多くの異性と出会える

ネットならシンプルに出会いのチャンスを増やせます。 多くの女性の中には自分に興味を持ってくれる女性は必ずいます。

 

真面目な技術系を好む女性は結構いますからね。 最初は女友達で良いのです。

 

むしろ女友達の方が緊張しないで済みますからね。 とにかく最初の一歩を踏み出しましょう。

 

今はマッチングサイトが当たり前になって来ているので簡単ですよ。

 

最初の一歩を踏み出せばエンジニアの男性だって出会いは増やせます。