頭が良い 男 モテる

頭が良い男はモテるのは当然です

頭の良い男はモテる


実社会で「頭が良い男」と言うのは「良い学歴の男」では無いです。 普段の行動から「頭が良い男」と見られる雰囲気が何より重要です。

 

言わば「頭が良さそうに見える男」で当然ながらモテます。 でも逆に言えば、普段の行動を気を付ければ、誰でも「頭が良い男」になれます!

 

頭が良い男は先を見越して行動する

仕事が立て込んでいて忙しい時に「段取りを考える時間が惜しいので作業をとにかく進める」のは一見すると良さそうですよね。

 

でも行き当たりばったりで仕事をすると、無駄な作業をしていたり、突発的なミスが発生しがち。 急がなくて良い仕事を先にやるのも良く有るミスです。

 

頭が良い男は段取りを重視

頭が良い男は仕事を進める前に、全体を俯瞰して先に段取りを考えます。 後回しに出来る作業と、優先する作業を整理して仕事をするのです。

 

ちゃんと段取りをして計画を立てれば、うっかり作業を忘れる事も防げます。 バタバタとテンパっている男より、落ち着いて仕事をした方がモテるのは当然です。

 

頭が良い男は考えをまとめてから話す

これも仕事に追われて忙しいと有りがちですが、考えをまとめないで話を始めて「結局、何が言いたいの?」と思われるのが頭の悪い男です。

 

しかも話している間に感情的になったりして、ますます話が迷走して聞いている方は本当に苦痛です。 例えば長時間の会議も本当にイヤですよね。

 

話のゴールを決めて聞き手を意識する

頭が良い男は話す内容を組み立ててから話します。 特に仕事では話のゴールを決めてから発言するのは当然です。 そして聞き手も意識して話す必要が有ります。

 

聞いている側に理解して貰うのが重要だからです。 しっかり順序だてをして話して、相手に理解して貰う。 頭の良い男は、この手間を惜しまないのです。

 

頭の良い男は他人の話も受け止める

自分の考えをしっかり持っていて、他人の意見に左右されない... 一見すると良さそうですが、実は柔軟性に欠ける「頭の悪い男」です。

 

もちろん他人の意見が100%正しいとは限りませんが、その話の中にヒントが埋もれてたりします。 他者の意見を受け止める包容力も大事なのです。

 

他者の意見を軽視しないのがポイント

他者の意見も「なるほど、そういう意見も有りですね」と一旦は受け入れて、少しでも話を前に進めるヒントを探します。 他者の話を軽視しないのです。

 

これは女子の他愛の無い話を受け容れる態度にも繋がりますよね。 他者の話を論破なんて最低です。 頭の良い男は他者の意見もしっかり受け止めます。

 

 

頭の良い男とは普段の行動が大事なのです。 特に仕事では段取りをしっかりするのはポイントが高いですよ。



逆に頭の悪い男に見える行動は慎むべき

女性は自分にだけ優しい男を求めている


やっぱり「頭が悪い男」に見えては台無しです。 これも普段の行動が大事なのです。

 

「段取りが悪い」のは「頭が悪い」

仕事で忙しいのに、急ぎじゃない作業を先にしたり、準備不足で仕事が進まない。 これって明らかに「段取りが悪い」ですよね。

 

もう「何も考えてない」のが丸出しですよね。 そうなると「普段の生活も何も考えてない」から頼りにならない「頭が悪い男」に見えちゃいます。

 

感情的になって話が支離滅裂

仕事で話をしていても感情的になるタイプは手に負えませんよね。 大抵は話が破綻して滅茶苦茶だからです。 自分に酔ってる姿も痛いです。

 

こうなると話していても会話になりません。 周りから見たら完全に「頭が悪い男」です。 時には情熱的に話すのも良いですが、普段は感情的にならないのが良いですね。

 

他者の話を論破する

他者の意見やアイデアの矛盾点を突いて論破する。 本人は気持ちが良くても、仕事は一向に前に進みません。 実は変化を恐れて何もできない「頭が悪い男」です。

 

それに頭が良い男は、相手を論破して無駄に摩擦を生むのを避けます。 論破しても良い事なんてないのを知ってるからです。 ドヤ顔で論破なんて最悪ですよ。

 

 

やはり「頭の悪い男」に見えないように気にするのも大事ですね。



年齢を重ねると「頭が良い男」に見られたくなる

モテない男の勘違い


不思議な事に男は年齢を重ねると「自分は頭が良い男」と見て欲しくなります。 もちろん、その痛い姿はモテないに決まってます。

 

自分を大きく見せたくなるのは男の本能

若い頃は可愛い娘の前ではカッコつけたくなるのが男子です。 そして年齢を重ねても「頭が良い男」に見えるようにカッコつけるのが男なのです。

 

年相応の知識や人間力が有れば良いのですが、ペラペラの薄い事しか言えなくてもカッコ付けちゃうんですよ。 これは本当に多くの男がハマる罠です。

 

自分を大きく見せたくなるのは男の本能

若い頃は可愛い娘の前ではカッコつけたくなるのが男子です。 そして年齢を重ねても「頭が良い男」に見えるようにカッコつけるのが男なのです。

 

年相応の知識や人間力が有れば良いのですが、ペラペラの薄い事しか言えなくてもカッコ付けちゃうんですよ。 これは本当に多くの男がハマる罠です。

 

そして頭が悪い男は論破して評論

そして「自分は頭が良い男」に見せようと、相手を論破したり評論したりするのです。 論破しても何も生産的でないのに、自分を大きく見せようとします。

 

今じゃ通じないような昔の武勇伝を語るのも同じです。 自分を大きく見せようなんて男がモテる訳が無いのに、勘違いした行動をしちゃうのが男なのです。

 

頭が良い男と見られるのを狙わない

知らない事が有れば、素直に相手に聞けば良いのです。 知らない事は新しい事でも有ります。 年齢を重ねても新しい事にチャレンジする姿こそカッコよい。

 

逆にちょっと経験が有るとか、ちょっと昇進したからと偉そうな態度は最悪です。 女性は男のそういう謙虚さもチェックしてますよ。

 

 

変に頭が良い男ぶらないように注意が必要ですよ。



結局は相手を意識して行動するのがモテる男

モテる男の行動をする


結局は「頭の良い男」とは相手を意識して行動するからモテる男なのです。

 

段取り良く仕事をするのも周りを意識するから

段取り良く仕事をするのは、周りの仲間を意識したり、お客様も意識するからこそ。 当然ながら普段も相手の女子を意識します。

 

女性を楽しませようと段取り良く行動していれば、当然ながらモテますよね。 相手の気持ちを考えるからモテるのです。

 

内容を整理してから発言するのも相手が有るから

仕事が円滑に進むように、論点を整理してから発言する。 これが出来るなら女子を楽しませる会話も自然とできるはず。

 

女子との会話は自分が話すと言うより、女子に話して貰うのも大事です。 でも、会話のキャッチボールを組み立てるのも同じなんです。

 

相手の揚げ足を取らないで一緒に楽しむ

正論で女子の悩みを論破なんて最悪ですよね。 そんな事をしないで女子の悩みや他愛のない話を受け止めるのが大事です。

 

相手を打ち負かすのではなく、一緒に協力して仕事をしたり楽しんだりする。 これが出来るからモテる男なのです。

 

 

相手を意識した行動をできるからモテる男なのです。 普段から意識すれば誰でもできますよ。



頭が良いモテる男は相手の女性に合わせる

モテるには女性に合わせる


そして「頭の良い男」は相手が女性なら、女性に合わせた行動をするからモテるのです。

 

女性が相手なら論破は無しでアドバイスも慎重に

女性が話す内容に穴が有っても、それを論破するのは論外です。 特に女性が相手なら論破なんてしても嫌われるだけです。

 

そして、良かれと思ってアドバイスも実はマズい場合が有ります。 余計なアドバイスは逆効果で、女性の話は徹底的に聞くのがモテるコツだからです。

女性の話に落ちが無くても気にしない

女性の話には落ちが無かったり、何を言いたいのか分からない事が良く有ります。 男が相手なら「結局、何が言いたいの?」なんて突っ込む場面でも有ります。

 

でも、女性が相手なら鋭い突っ込みは不要です。 女性は他愛の無い話をする事で、相手との距離を縮めるからです。 ここは聞き役に徹する位がちょうど良いのです。

とにかく女性の話を徹底的に聞く

男は自分の頭の良さを見せようと、ドヤ顔で語りがちです。 でも、女性が相手なら聞き役に徹するのが重要なのです。 むしろ女性が気持ちよく語れるように、話を回す頭の良さが必要です。

 

女性が話していて、話を見失ったりしないように、適度に質問したり共感したり。 女性が自分で話していて、自分で納得する位に気持ちよく話して貰うのも、男の頭の良さですよ。

 

モテる男とは、女性が気持ちよく話せるようにアシストに徹する男でも有るのです。